TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2008年 > 7月 書名検索: 詳細検索...
■既刊案内 2008年7月
 2017年 |  2016年 |  2015年 |  2014年 |  2013年 
 1月 |  2月 |  3月 |  4月 |  5月 |  6月 |  7月 |  8月 |  9月 |  10月 |  11月 
←前月 →次月

超カンタン!パソコンで作曲スタート 在庫なし
御池鮎樹・眉村雅人 共著
2008年 7月 8日発売   価格 \1,008(本体 \933)
 本誌では、作曲ソフトを使って楽曲を作り、「初音ミク」に入力して歌わせる方法を解説しています。 
 「作曲」という言葉を聞くと、難しいように思えますが、作曲ソフト「Domino」(ドミノ)を使えば、誰でも手軽に曲を作ることができます。 
 作った楽曲は人気ボーカル・ソフト「初音ミク」に歌わせることができますが、音をきれいに出すにはコツがあります。本誌を読めば、そんな初音ミクの設定のコツもわかります。 
 また、すべての手順は、大きな図版を使って、ひとつひとつの手順を解説した初心者にも分かりやすく紹介しています。 
 
 好評の前作「超カンタン!パソコンで作曲」への読者からの質問も加味し、本誌では初心者にもさらに分かりやすく解説しています。 
 また、要望の強かった「初音ミクの使い方」についてもより詳しく紹介し、ビギナーでも満足できる曲作りができるようになっています。 
 
 添付CD-ROMには、誌面で扱った「Domino」「RadioLine Free」「SoundEngine Free」収録しています。 

符号理論入門 在庫なし
濱屋 進 著
2008年 7月 9日発売   定価 \2,484(本体 \2,300)
≪対話形式で学ぶ、純粋数学とその応用≫ 
 “実生活から最も遠い存在にあると考えられる純粋数学”だけを使う符号理論ですが、音楽CDでその威力を発揮し、我が国の経済発展の一翼を担いました。現在では、携帯電話のバーコードリーダで復号できる“2次元コード・シンボル”の「QRコード」の符号化、復号化でその威力を発揮しています。 
 また、符号理論は暗号の分野でも大活躍しています。現在、Webで買い物をする比率が急速に伸びていますが、それが可能になったのはやはり暗号、特に公開鍵暗号のお陰です。暗号なくしてネット社会は成り立ちません。もはや、技術者も純粋数学を身に付けるのが必須な時代になってきているようです。 
 本書は自学自修タイプの、「符号理論」入門書です。 

はじめてのAHP 在庫僅少
武田 正則・大迫 正弘 共著
2008年 7月15日発売   価格 \2,052(本体 \1,900)
≪Analytic Hierarchy Process:階層分析法≫ 
 「AHP」は、米国ピッツバーグ大学のサーティ博士によって提唱された意思決定手法のひとつで、「数学的解析」(システム・アプローチ)と「主観的判断」(人間の感覚)を考慮した、合意形成や意思決定のための分析ツールです。 
 本書は、「携帯電話の選択」「ハンバーガーショップの選択」といったAHPの簡単な活用例を紹介しながら、AHPの理論的な背景について説明します。 
 たとえば、携帯なら、「価格」「性能」「デザイン」をそれぞれペアにして比較し、一方、各項目について、3つの通信事業者をペアにして比較していきます。これらの結果をAHPソフトに入力することによって、自動的に合理的選択ができるのです。 
 「添付CD-ROM」には、AHPソフト「はじめてのAHP教室」が収録されているので、実際にAHPを試してみることができます(要Microsoft Excel)。 
 また、AHPについて解説した動画、「FlashによるAHPわかる君」も収録されています。 

やさしいJava 在庫あり
米村 貴裕 著
2008年 7月17日発売   価格 \2,052(本体 \1,900)
 いまやパソコンだけではなく、デジタル家電や携帯電話などにも広く普及している「Java」は、プログラミング言語の王道として、C++と並んで人気を集めています。 
 C言語から優れたところを受け継ぎながら、より簡潔にプログラミングでき、「Windows」「Mac」「Linux」など、どんなOSでも動作します。また、基本的なルールさえ覚えれば、アプリケーション開発からWebまで、幅広く応用が利くので、これからプログラミングを学んで活用したい人に最適な言語と言えるでしょう。 
 
 しかし、いざ始めたいと思っていても、Javaの専門書では敷居が高く、尻込みしてしまう人も多いのではないでしょうか。 
 本書は、「Javaを始めたいけれど最初の一歩がなかなか踏み出せない」という方のために、イラストを多用し、分かりやすく読めるように工夫しています。マンガのように読んでいけるので、初心者でも楽しく学べます。内容も、一気に解説はせず、覚える項目ごとに分けられており、自分がいま何を学んでいるのかをはっきり理解しながら学習を進められます。 
 
 「付録CD-ROM」には、本書「サンプル・プログラム」のほか、Java開発用ツール・キット「JDK」、プログラム編集用のテキスト・エディタ「TeraPad」を収録。買ったその日から、Javaの学習を始められます。 

I/O 2008年 8月号 在庫なし
2008年 7月18日発売   価格 \741(本体 \686)
[特集1] 「Web動画」「地デジ」保存&コピー徹底研究 
 「YouTube」や「ニコニコ動画」など、Web動画が流行しています。そして、その画質は、高画質のものが普及しつつあります。こうなると、その動画を、どこに、どうやって保存するかが問題になってきます。 
 また、PCパーツでも「地デジ」が解禁され、地デジ放送のコピー制限ルール「ダビング10」も認められるなど、ファイルの保存やコピーへの関心が高まることが予想されます。 
 そこで今月号では、それらの動画の、「保存」や「コピー」の方法を取り上げます。 
 
[特集2] [DVD-ROM連動]「ユビキタスなアプリ」ガイド 
 「いつでも」「どこでも」「誰でも」――「ユビキタス」という言葉が定着してきました。しかし現状は、Windowsでしか動かないソフトがいまだに主流であるなど、まだ「ユビキタス」にはほど遠い状態が続いています。 
 第2特集では、こうした状況を超える、「いつでも」「どこでも」使えるアプリケーションやツールを、付録DVDに収録するとともに、その内容を紹介します。 
 
[付録DVD-ROM]  
インターネット関連ソフト 
「Firefox」「Opera」「SeaMonkey」「Thunderbird」「Eudora」「Sylpheed」 
 
Office関連ソフト 
「OpenOffice」「Lotus Symphony」 
 
ユーティリティソフト 
「Avira AntiVir Personal」「spybot - Search & Destroy」「USBENC Lite」「BackupF2F」「OpenOffice Portable」「Firefox Portable」「Thunderbird Portable」「ClamWin Portable」「GIMP Portable」「Sumatra PDF Portable」「7-Zip Portable」「MPlayer Portable」「VLC media player」「FileZilla Portable」 
 
動画・音楽ソフト 
「VLCメディアプレーヤー」「Mplayer」「kmplayer」「Audacity」「Gimp」「Picasa」 
 
Linux 
「Turbolinux Client GM版」「openSUSE11 Live CD(KDE/GNOME)」「KNOPPIX 5.3.1CD日本語版」「InetBoot(GRUB + BuildRoot)」 
 
壁紙 
「I/O表紙イラスト」 

はじめてのVisual Studio 2008 在庫あり
若林 登 著
2008年 7月22日発売   定価 \2,052(本体 \1,900)
 「Microsoft Visual Studio 2008」は、「Windows用アプリケーション」や「Webアプリケーション」など、さまざまなアプリケーションをWindows上で開発できる、統合開発環境です。主な開発環境として、「Visual C#」「Visual Basic」「Visual Web Developer」「Visual C++」が含まれます。「Visual Studio」を使うことで、「ソースの記述」「ユーザー・インターフェイスの構築」「ビルド(コンパイル)」「デバッグ」などの作業を一貫して扱うことができます。 
 「Visual Studio 2008」は、「Visual Studio 2005」と比べて、 Windows Vista」や「2007 Office system」など最新システムへの対応、◆ASP.NET AJAX」によるWebアプリケーション開発、「LINQ」などデータ・アクセス・テクノロジーの拡張――などの機能が強化されています。 
 このように「Visual Studio 2008」は、非常に多機能な開発環境ですが、はじめての人にとっては複雑すぎて、分かりにくい部分もあります。 
 そこで本書では、無料の「Visual Studio 2008 Express Edition」で提供されている開発環境のうち、主に「Visual C#」と「Visual Web Developer」を使いながら、「Visual Studio 2008」の基礎知識的なことから、アプリケーションの制作まで、分かりやすく説明します。 

はじめての「技術報告書」 在庫あり
石田 秀人 著
2008年 7月23日発売   定価 \2,052(本体 \1,900)
≪企業の「報告書」や技術系「論文」のノウハウを伝授≫ 
 企業で、それなりに仕事をこなしていると、報告書を書く必要が出てきます。また、大学などで論文を書く必要がある人もいるでしょう。 
 海外にはそのノウハウを記した本は多いのですが、国内では意外と少ないのが実情です。にもかかわらず、実際に、会社や学会などで報告書を書く機会は多く、どのようにすればいいか分からなくて、困惑することは多いはずです。 
 本書では、文章作りの基本である「起承転結」の解説から、はじめて企業や学会内での報告書をどのように書けばいいのか、分かりやすく具体的に解説しています。本書を読めば、スムーズに仕事をこなすことができるでしょう。 
 また、報告書にも「技術報告書」「調査報告書」「事故報告書」など各種ありますが、「事故報告書」などは、きちんとしたものでないと、即、会社の存続そのものを危うくしてしまいます。そのため、会社の上司や他の部門の人との連携が大事になります。 
 本書は、大手食品会社で研究開発部門の責任者を勤めた著者が処世術についてもとくに解説しているので、大いに参考になるでしょう。 

Blu-ray Disc 徹底研究 在庫あり
御池 鮎樹 著
2008年 7月26日発売   定価 \2,052(本体 \1,900)
≪「仕組み」や「取り巻く環境」を完全理解!≫ 
 次世代DVDの規格が「Blu-ray Disc」に一本化されました。「Blu-ray Discドライブ」を搭載した製品も増えています。 
 特に「プレイステーション3」が販売されたことで、国内で500万以上のプレイヤーが普及したことになります。 
 
 次世代DVDはデジタル放送の録画や高画質テレビへの再生と密接なつながりがあります。しかし、まだ詳しいことが分かっていないユーザーも多いようです。 
 そこで、本書では「Blu-ray Disc」について、「ハードウェアの仕組み」「メディアの規格」「動画や音声の圧縮技術」「取り巻く周辺事情」などを詳しく解説しました。 
 また、現時点での従来のDVDとの関係や、PC向けドライブや民生機の対応状況などについても解説しています。 

パソコン用語裏事典 在庫あり
I/O編集部 著
2008年 7月26日発売   定価 \1,620(本体 \1,500)
≪パワーユーザーの本音をズバリ公開!≫ 
 パソコン用語は毎年次々と新しい単語が生まれ、「固有名詞」や「略語」なども多いため、中級者でもパッと見て知らない用語が氾濫しています。 
 たとえば、最近話題になった「クアッド・コア」「ニコニコ動画」「PLC」などは、雑誌や新聞などでも解説なしで書かれることも多く、戸惑った人も多いのではないでしょうか。 
 そこで、そんなパソコン用語の中から、特に使用頻度が高い単語をピックアップしてまとめました。 
 また、初心者向けの説明だけでなく、各項目にはちょっと毒のある「裏解説」を加えてあります。 
 初心者は新聞や雑誌では目にしにくい事情が分かり、中級者以上はニヤッと笑える作りになっています。 

←前月 →次月