TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 新刊 書名検索: 詳細検索...
■今月の新刊

Linux技術者のためのC言語入門
平田 豊 著
2018年11月20日発売   288ページ   定価 \2,916(本体 \2,700)
「過去にC言語を学んだことがあるが久しく離れていた」、 
「業務でC言語を使っているが改めて学び直したい」 
…といった人をターゲットとした解説書。 
 
読者として、「組み込み技術者」(組み込みLinux)を想定していますが、「C言語」を扱う開発案件に携わる方にも役立ちます。 
 
まず、「C言語」の基本的なところを復習し、過去に学んだ知識を再整理しながら、開発現場で役に立つノウハウを紹介。 
 
本書で紹介するプログラムは、「Linuxディストリビューション」の「Fedora28」(Linuxカーネル4.16, gcc8.1, glibc2.27)で動作検証。 
そのため、本書で得た知識やノウハウは「組み込みLinux」だけでなく、一般的な「Linux」(x86およびx86_64)で通用します。

I/O 2018年12月号
2018年11月16日発売   B5判   128ページ   定価 \980(本体 \907)
「モノのインターネット」(Internet Of Things : IoT)は、さまざまなものがインターネットにつながることで、相互に作用し制御することを指します。 
単純にモノとモノを直接つなぐだけでなく、モノの端末から情報を集め、AIなどで分析し、またモノへとフィードバックする、といった利用法もあります。 
 
モノのインターネットと聞いて印象に強いのは、やはりパソコンやスマートホンですが、私たちの生活に密着した家電においても、この波は届いています。 
家電は買い替えに期間が空くため、その進歩が分かりづらい面がありますが、テレビや電話など、イメージしやすいものの他にも、意外なところにも浸透しつつあります。 
 
そこで今回は、家電での現状と進歩を取り上げ、そして少し視点を広げて社会におけるその進化を特集します。

TWELITEではじめるカンタン電子工作
大澤 文孝 著
2018年11月 5日発売   B5判   232ページ   定価 \2,808(本体 \2,600)
 「TWELITE」(トワイライト)は、省電力が特徴の「無線内蔵マイコン」です。 
 ICの形をしたアンテナ付きの部品で、パッケージ化された「TWE-LITE DIP」は、電池をつなぐだけで「無線電子回路」になります。 
 USB接続ができる「MoNoStick」では、パソコンに直接挿して無線通信できます。 
* 
 本書は、電子回路がはじめての人に、TWELITEの使い方と活用法を説明します。  
 回路基板には、部品を抜き差しできる「ブレッドボード」を使います。これは回路の実験や試作などでよく使うもので、半田付けは必要ありません。  
* 
 TWELITEでの無線回路の基本から始め、パソコンと組み合わせて使う応用例として、「音声合成ICで喋らせる」「液晶モジュールに文字を表示する」を解説。 
 さらに、TWEのマイコンのROMを書き換えて、「離れた場所のMIDI音源を鳴らす」 
「マトリックスLEDに文字を表示する」といったことまで紹介しています。 
※本書は2014年発売の「TWE-Liteではじめるカンタン電子工作」を現在の商品構成に合わせた増補改訂版です。

■先月の新刊

はじめてのPlay Framework
清水 美樹 著
2018年10月20日発売   A5判   176ページ   定価  \2,052(本体 \1,900)
 「Play Framework」は、 Scala」とビルドツール「sbt」を用いた動作、◆嵌麁唄マルチスレッド」への対応、「依存性の注入」「制御の反転」のような大規模フレームワーク用の「デザイン・パターン」の使用――など、多くの高度な技術を用います。 
 「Play Framework」は「Java」でもプログラミングできます。しかし、一部には「Scala」を書かなければならないので、本書ではすべて「Scala」で書きます。

Qt Quick アプリケーション開発
村上 信昌・吉川 武宏 共著
2018年10月20日発売   A5   208ページ   定価  \2,484(本体 \2,300)
 「Qt」(キュート)とは、「アプリケーション」と「UI」を作るための「フレームワーク」。 
 「Windows」や「macOS」「Linux」など複数のプラットフォームに対応。 
 
 「Qt」には「Widget」と「Qt Quick」の2つのGUI フレームワークがある。 
 本書で扱うのは「Qt Quick」。「Qt Quick」はとくに「ハードウェア・アクセラレーション」を積極的に使うように作られたもの。 
※本書では、長期安定バージョン「Qt 5.6」を解説。 

I/O 2018年11月号
2018年10月17日発売   B5判   128ページ   定価  \980(本体 \907)
単純な計算から始まったコンピュータの利用も、高度化複雑化し、さまざまな用途に使われ、私たちの生活の一部となっています。 
 
パソコンを動かす基礎、「オペレーティング・システム」には挑戦者が現われ、大きなシェアを占めています。 
その上で働く、「プログラム言語」にも、次々と新しいものが生まれています。 
 
「アプリケーション・ソフト」の大規模化もとどまることはなく、クラウド化も進んでいます。 
 
このような環境下で、ソフト従事者はどのように開発や運用をしていけばいいのでしょうか。 
 
今月は、「ソフト環境」の現状をチェックしつつ、それらへの対応方法を探ってみました。


■近刊
 Linux 技術者のためのC言語入門
 「PICマイコン」で学ぶC言語
 基礎から学ぶFreeCAD[増補改訂版]