TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 新刊 書名検索: 詳細検索...
■今月の新刊

I/O 2018年2月号
2018年 1月18日発売   B5判   128ページ   定価 \980(本体 \907)
【特集】「巨大」vs「微小」技術 
  
 ここ数年で、技術やデータの「巨大化」「微小化」がもの凄いスピードで進んでいます。 
 「巨大」な単位として「ヘクサ」や「ペタ」などがありますが、これらは、「ビッグデータ」「スパコン」「量子コンピュータ」などのデータの大きさの単位などに使われています。 
 また、「微小」を表わす「ナノ」や「ピコ」は、「MEMS」を代表とする「ナノテクノロジー」や、半導体のプロセスルールなどで耳にしたこともある人も多いでしょう。 
 
 ここでは、「巨大」と「微小」、この両極端にある技術をいろいろな角度から比較していきます。

ロボットで学ぶ機械工学
馬場 政勝 著
2018年 1月17日発売   A5判   128ページ   定価 \2,484(本体 \2,300)
 私たちの身の回りには、電車、車、飛行機、掃除機、エアコン、おもちゃのロボットなど、さまざまな「機械」があふれています。 
 これらの「機械」を作るには、「機械工学」と呼ばれる学問を学ぶ必要があります。 
 
 しかし、「機械工学」は教科書を読んでも、なかなか身につくものではありません。 
 そこで、実際にロボットを製作してその動きを見ることで、「機械が動く仕組み」を理解しやすくなります。 
 
 本書は、「二足歩行ロボット」を教材として使いながら、「機械要素」「リンク機構」など、「機械工学」の基礎的な内容に触れることに主眼を置いています。

Houdiniではじめる 3Dビジュアルエフェクト改訂版
平井 豊和 著
2018年 1月15日発売   A5判   208ページ   定価 \2,484(本体 \2,300)

TYRANOSCRIPTではじめるノベルゲーム制作改訂版
シケモクMK 著
2018年 1月10日発売   A5判   160ページ   定価 \2,484(本体 \2,300)

■先月の新刊

GR-LYCHEEではじめる電子工作
GADGET RENESASプロジェクト 著
2017年12月27日発売   B5判   160ページ   定価  \2,484(本体 \2,300)
 「GR-LYCHEE」(ジーアール・ライチ)は、「ルネサス・エレクトロニクス」社の高性能CPU「RZ/A1LU」(ARM Cortex-A9コア採用)を搭載した、「mbedボード」です。 
 「mbed」のボードでありながら「Arduino互換」の拡張コネクタをもちます。 
 
 デフォルトで次のような多くの機能を搭載しており、このボード1枚でいろいろなことができます。 
「Wi-Fi/Bluetooth接続(ESP-WROOM-32)」「音声入出力端子」「USB2.0コネクタ」 
「マイクロ・サーボモータ制御用拡張コネクタ」「LCDコネクタ」「カメラ・コネクタ」 
「SDカードスロット」「セキュリティ認証」… 
 
 本書では、「GR-LYCHEE」の、.蓮璽匹瞭団А↓▲愁侫箸瞭団А↓L祇通信、げ菫の描画と認識、ゥ札ュリティ認証機能、ι嫗哀メラモジュール――などについて、基礎知識や使い方を解説しています。

I/O 2018年1月号
2017年12月18日発売   B5判   128ページ   定価  \980(本体 \907)
【特集】近未来のコンピュータ技術 
 2017年を振り返ると、生活に入り込んできたリアリティ技術「VR」「AR」「MR」、さまざまな製品に組み込まれるようになった「AI」、2020年のオリンピックに向けた「ロボット」や「ドローン」など、コンピュータ技術にもいろいろな話題がありました。 
 それでは2018年、コンピュータ技術はどのようになるのでしょうか。「ロボット」「AI」はさらに発展し、「リアリティ技術」はより身近なモノになっているのでしょうか。 
 あるいは、想像も付かなかったような新しい技術が登場するのでしょうか。 
 
 ここでは、1月号にふさわしく、2018年のコンピュータの近未来を占う試金石となる「次世代技術」について特集します。

「ドローン」がわかる本
I/O編集部 著
2017年12月14日発売   B5判   128ページ   定価  \1,944(本体 \1,800)
 「マルチコプター」が「ドローン」と呼ばれるようになってから久しいですが、最近では「ドローン」を取り巻く環境が大きく変わりつつあります。 
 「空撮」などのこれまでの用途はもちろん、「産業」や「軍事」の分野で「ドローン」の本格的な利用がはじまり、「レース」などのスポーツ競技も開催されるようになりました。 
 また、法整備によって細かい規制が設けられるなど、「セキュリティ」の面からも、「ドローン」の使い方が考えられるようになりました。 
 
 本書は、月刊「I/O」に掲載された記事を再構成して加筆修正し、ドローンの基本情報や活用事例、小型ドローンの製作など、最新情報をまとめたものです。


■近刊
 「sakura.io」ではじめるIoT電子工作
 The Things Networt