TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2017年 > 2月 書名検索: 詳細検索...
■既刊案内 2017年2月
 2017年 |  2016年 |  2015年 |  2014年 |  2013年 
 1月 |  2月 |  3月 |  4月 |  5月 
←前月 →次月

Shade3D Ver.16 CGテクニックガイド 在庫あり
加茂恵美子・sisioumaru 共著
2017年 2月 6日発売   定価 \2,484(本体 \2,300)
 「Shade3D」は手ごろな価格ながら、「フォトリアルな3Dイメージ」や「アニメーション」「3D立体視映像」、さらには「3Dプリンタ」向けのモデルデータ作成まで、時代に合わせて進化し続けている、統合型3D-CG作成ソフトです。 
 
 最新の「Shade 3D ver.16」では、「メジャーツール」「ウォーク」「スライドツール」などの新機能や、「ポリゴン・モデリング」に関する機能強化が、多数盛り込まれました。 
 また、3Dプリンタ用のデータ作りにも活用しやすくなっています。 
 
 本書では、実際に「Shade3D」を使いながら、操作方法を身につけていきます。 
 Shadeの特徴である「自由曲面」の基礎はもちろん、「ポリゴン」を使った「キャラクター・モデリング」の方法も解説しています。 

背景CG テクニックガイド[新装版] 在庫あり
出雲寺ぜんすけ 著
2017年 2月13日発売   定価 \2,484(本体 \2,300)
 「キャラクターは描けるけど、背景は苦手」という人は、たくさんいるでしょう。 
 しかし、背景を描けるようになれば、見栄えも表現の幅も大きく変わります。 
 本書は、「アニメやゲームなどのキャラクターに合う絵柄」を前提とした「背景画」の描き方を解説。 
* 
 「パース」「空気遠近法」「透視図法」「室内の描き方」「自然物の描き方」などのテクニックに加え、「センスを磨く方法」「観察力」など、説明の難しい部分についても、経験に基づいた解説をしています。 
 
※本書は、2011年発行「背景CGテクニックガイド」の判型を大きくし、見やすくしたものです。 

はじめてのTypeScript 2 在庫あり
清水美樹 著
2017年 2月15日発売   定価 \2,484(本体 \2,300)
 「TypeScript」は、Microsoftが開発した、「Windows」「Mac」「Linux」で利用可能なオープンソースのスクリプト言語です。 
 「JavaScript」の仕様を拡張し、「C#」などの言語に近い仕様にすることで、従来の「JavaScript」では苦手としていた、大規模で複雑なプログラムも楽に作れます。 
 2016年には「バージョン2.0」が公開され、最新JavaScriptの標準サポートが利用できるなど、安定性が強化されました。 
 
 また、Microsoftがオープンソースで提供しているプログラミング用のコードエディタ、「Visual Stuido Code」には、「TypeScript」の開発に便利な機能が揃っています。 
 それを使えば、コードの作成やコンパイルが効率良くできます。 
 
 本書では、「Visual Stuido Code」を使って簡単なプログラムを作りながら、「TypeScript」の使い方の基本を学んでいきます。

I/O 2017年3月号 在庫あり
2017年 2月18日発売   定価 \980(本体 \907)
[特集] 「AI」と「フィンテック」 
 
 「AI」、いわゆる人工知能は、実験段階から実証段階へと移行してきています。 
 米ラスベガスで開催された「CES2017」でも、AIを載せた車や商品など、数多くのAI製品が展示されました。 
 
 一方「フィンテック」は、たとえば三菱東京UFJが、「ブロックチェーン」技術を使って、独自の仮想通貨独自の「MUFGコイン」を開発するなど、実用化が迫っているようです。 
 
 今月は、「AI」の現状と、「フィンテック」の中心技術「ブロックチェーン」について特集します。 

フィンテック入門 在庫あり
赤間 世紀 著
2017年 2月20日発売   定価 \1,944(本体 \1,800)
 「フィンテック」(Fintech) という言葉を日本のマスコミやネットでもよく見るようになりました。 
 「金融」(Finance)と「技術」(Technology)の合成語で、この融合技術で、今後、世の中の金融の仕組みを大きく変えるとも言われています。 
 
 「フィンテック」が注目されるようになった要因は、少なくとも2つあります。 
 屮好沺璽肇侫ン」の普及とそれを支える「インターネット技術」の進歩。 
◆嵜郵知能」や「ビッグデータ」など最先端技術の応用。 
 
 本書が、「コンピュータ・サイエンス」の観点から「フィンテック」を解説しているのは、「コンピュータ・サイエンス」が「フィンテック」を理解するもっとも自然な方法だからです。 
 「フィンテック」は、「IT」と「金融」を融合する新しい流れであり、それによって、将来、私たちの生活が大きく変わります。 
 本書で「フィンテック」の、現時点での概要を理解しておきましょう。 

←前月 →次月