TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2019年 > 9月 書名検索: 詳細検索...
■既刊案内 2019年9月
 2019年 |  2018年 |  2017年 |  2016年 |  2015年 
 1月 |  2月 |  3月 |  4月 |  5月 |  6月 |  7月 |  8月 |  9月 |  10月 |  11月 
←前月 →次月

I/O 2019年10月号 在庫あり
2019年 9月18日発売   定価 \998(本体 \907)
 広く普及している「スマートフォン」「タブレット」ですが、それらをよく理解し、活用している人は多くありません。 
 
 今月の特集は、最新の「モバイル」を紹介するとともに、「仕事や開発などでモバイルを活用する方法」のほか、「今も利用されているフィーチャーフォン」についての情報などを取り上げます。

「UiPath」ではじめる「RPA」 在庫あり
ちびなえ 著
2019年 9月20日発売   定価 \2,530(本体 \2,300)
 「RPA」とは「Robotic Process Automation」(ロボティック・プロセス・オートメーション)の略称。 
 AIなどの高性能な認知技術を用いて、「帳簿発行」や「データの突合作業」などの自動化や効率化を図るシステムです。 
 
 本書では、無料で使える「UiPath」(ユーアイパス)の「Community Edition」を使って、「エクセル操作の自動化」や「画像認識」機能を使った文字の自動入力、Web上の情報を集めて自動処理する方法を解説していきます。

MariaDBガイドブック 在庫あり
小笠原 種高 著
2019年 9月30日発売   定価 \2,090(本体 \1,900)
 「MariaDB」は、高機能データベース「MySQL」の開発者であるウィデニウス氏によって開発された、オープンソースの「リレーショナルデータベース管理システム」(RDBMS)です。 
 「MariaDB」には、「システム・バージョニング」や「Oracleモード」「JSONのサポート」など、数多くのユニークな機能が搭載されています。 
 
 当初は、「MySQL」を改良したものをリリースしていたため、「派生RDBMS」としての位置づけが強かったのですが、「バージョン10」以降は、むしろ「MariaDB」が先行し、「MySQL」がそれに追従する傾向にあります。 
 
 年々シェアを大きく拡大している「MariaDB」ですが、扱っている書籍は、多くはありません。日本はもちろん、海外でも書籍は少ないです。 
 その理由は、進化し続ける機能にあります。「MariaDB」は、バージョンが上がるごとに、ユニークな機能が追加されており、それらを把握するのが難しいのです。 
 
 そこで「MariaDB」の概要と各種機能、簡単なリファレンスをまとめたものが、本書です。 

←前月 →次月