TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2005年 > 5月 書名検索: 詳細検索...
■既刊案内 2005年5月
 2018年 |  2017年 |  2016年 |  2015年 |  2014年 
 1月 |  2月 |  3月 |  4月 |  5月 |  6月 |  7月 |  8月 |  9月 |  10月 |  11月 
←前月 →次月

Professional DTP number 200506 在庫なし
2005年 5月 9日発売   定価 \1,512(本体 \1,400)
 第1特集: 出力トラブル解決マニュアル 
 
 DTPでもっとも大切なのは出力でトラブルが起きないということです。どんなに優れたデザインでも出力できなければ意味がありません。出力トラブルを未然に防ぐにはどうすればいいのか、どういったデータが問題になるのか、など、出力トラブルを防ぐためのノウハウや製品、ワークフローなどを解説していきます。

I/O 2005年 6月号 在庫なし
2005年 5月18日発売   定価 \607(本体 \562)
 第1特集 暑夏迫る!PC冷却&静音化大作戦  
 
 CPU CPUの熱対策/CPUの冷却 
 電源 冷却が欠かせない理由/熱問題/静音化/まめ知識 
 パーツ ビデオカード/HDD/光学ドライブ/マザーボード 
 ケース/ノートPC ケース・ファン/冷却機構/液冷 
 その他 高性能CPUクーラー/HDDの振動/騒音吸収素材 
 
 第2特集 進化するネットワーク

常温核融合
――研究者たちの苦闘と成果
在庫僅少
水野 忠彦 著
2005年 5月19日発売   定価 \1,944(本体 \1,800)
 「常温核融合」は、1989年に“発見”された。その後、再現成功の報告が世界中で相次いだが、再現性に著しく欠け、“似非(えせ)科学”としてマスコミによる興味本位のバッシングの対象となった。しかし、その逆境下にあっても営々と実験と理論の検証を続ける研究者たちの努力によって、常温核融合の反応機構は徐々に解明され、ついに再現性のある実験結果を得るまでになった。 
 本書は、この15年間の常温核融合研究がどのようなものであったか、特に、世界で組織された「常温核融合国際会議」と、日本で組織された「固体内核反応研究会」の働きを中心に述べる。

Solaris10 インストールと環境構築 在庫なし
一條 博 著
2005年 5月19日発売   価格 \2,700(本体 \2,500)
 米国のSUNが販売していたUNIX系のOS「Solaris10」は、2005年2月にフリー・ダウンロードできるようになりました。今回のバージョンでは、オフィス・ツール「StarSuite7」や日本語環境「ATOK」が使えるようになっています。ダウンロードするには、環境にもよりますが、1Mビット/秒の速度でおよそ7.5時間程度もかかります。今回の添付DVDは大いに利用価値があるでしょう。 
 本書では、「Solaris 10」を「デスクトップ」「開発」「サーバ」の3種類の利用目的に向けた環境構築方法を紹介し、これまで商用のOSであった「Solaris」の安定性と堅牢性を生かして、自分たちの道具として利用できるようにします。添付DVD-ROMには、「Solaris 10 x86版」を収録しており、直ぐにSolarisを使うことができます。また、種々のアプリケーションが入った「コンパニオン・ディスク」もCD-ROMで添付しています。

Photoshopで描く萌えイラスト 在庫あり
2005年 5月20日発売   価格 \2,052(本体 \1,900)
 本書はAdobe PhotoshopでCGイラストレーションを描くための入門書です。ビギナーからハイ・アマチュア層のクリエイターに大きな人気を得ているPhotoshopシリーズを使って、可愛らしい萌え系のイラストを描く方法を解説します。

超カンタン!BitTorrent 在庫なし
東京メディア研究会 著
2005年 5月20日発売   価格 \1,008(本体 \933)
 「Winny」や「WinMX」は、ファイル共有ツールの代名詞的な存在でしたが、最近は少し様子が変わってきました。Winnyの後継と言われる「Share」や、多くのクライアントをもつ「BitTorrent」が、いまトレンドなファイル共有ツールとしてユーザーの注目を集めています。 
 本誌では、その中でも「BitTorrent」に注目し、BitTorrentを簡単に使いこなすために、インストール手順と設定手順に多くのページを割いた誌面作りになっています。複雑なシステムの解説よりも、まず「インストール」と「基本設定」を1つ1つ手順を追って説明することで、実際に自分で動作させることができるようになります。付録CD-ROMには、BitTorrentの環境を一通り揃えてすぐに始められるように、本体やクライアントなどの基本的ツールを収録しています。

AV(Audio Video) データ Q&A 在庫なし
パソコン常識研究会 著
2005年 5月21日発売   定価 \1,728(本体 \1,600)
 家庭用DVDレコーダーが普及する一方、パソコンのAV機能が強化されたことで、パソコンとAV機器のボーダーレス化が進んでいます。また、iPodやPSPなど、新しい携帯用のAVプレイヤーも登場しています。 
 これによって、これまでの「AV知識の常識」が通じなくなる一方、しっかりした知識を得れば、パソコンを使ってビデオやサウンドをより深く活用できるようにもなりました。ただし、パソコンでAVデータを扱う技術は、これまでのAV知識と比べて独特で、ある程度コツやカンが掴めないとなかなか分かりにくいのが実情です。 
 そこで、本書ではパソコンでAVデータを扱ううえでの基礎的な知識と、それを実践的に活用する方法を、Q&A方式で分かりやすく解説します。また、実際に扱っている様子を画像付きで紹介し、初心者にも見やすくなっています。

Javaで初等数学のグラフを描く本 在庫なし
梅村 哲也 著
2005年 5月25日発売   価格 \2,052(本体 \1,900)
 Java言語のプログラムは、 CUIアプリケーション」◆GUIアプリケーション」「アプレット」の3種類に分類できます。このうち、本書では、グラフィックスを使った◆GUIアプリケーション」と「アプレット」を扱います。 
 本書では、初等数学からテーマを選んで、Java言語によるグラフィックスを利用したプログラミングを解説します。数学については、教科書や他の参考書を見なくてもすむように詳しく解説しています。 
 本書によって、グラフィックを使った実践的なJavaプログラミングを身に付ければ、より高度な応用への足掛かりとすることができるでしょう。また、CD-ROMには、「サンプル・ファイル」「Java2 SDK」やテキスト・エディタ「TeraPad」などが収録されています。

GLUTによるOpenGL入門 在庫なし
床井 浩平 著
2005年 5月25日発売   定価 \2,052(本体 \1,900)
 「OpenGL」はSilicon Graphics社の主導で開発された、ハードウェアやOSに依存しないグラフィックス・ライブラリ(API)です。 
 「OpenGL」は、Windowsのほか、MacintoshやLinuxなど、さまざまなOSの上で使うことができます。そのため、現在Windows以外では、「OpenGL」が3Dグラフィックス・ライブラリの事実上唯一の標準となっています。しかし、この「OSに依存しない」というところが実は曲者で、WindowsならWindowsのやり方で、XならXのやり方で、あらかじめお膳立てをしてやる必要があるのです。 
 そこで「OpenGL」用のツールキット、GLUTの登場です。GLUTは「OpenGL Utility Toolkit」の略で、「GLUT」でソースをかけば、初期化から描画コードまで、ほぼ同じソースでコンパイルし実行することができます。 
つまり、「GLUT」と「OpenGL」を組み合わせれば、 UNIX系OS」や「Windows」「Macintosh」のいずれでも動き、▲螢▲襯織ぅ爐3D-CGを表示するプログラムが簡単に書ける、というメリットが得られるのです。 
 本書では、そのGLUTを使って簡単にOpenGLを扱う方法を伝授します。

パソコン個人情報
――安全な保存法・見付け方・完全消去法
在庫あり
御池 鮎樹 著
2005年 5月26日発売   定価 \1,728(本体 \1,600)
コンピュータやネットワークが急速に発展するにつれ、社会の各方面で大量のデータが扱われるようになりました。しかし、それに伴って機密データや個人情報を巡るトラブルは年々増えており、最近では漏洩データを利用した悪質な詐欺事件や、大規模な情報漏洩事件が社会問題となる例すら珍しくなくなっています。 
 また、いわゆる「個人情報保護法」が今年の4月1日から全面施行されました。この法律により「個人情報取扱事業者」は個人情報を適切に管理する義務を負うことになり、違反した場合には罰則が科されるようになりました。 
 つまり、今やデータの管理を怠ることは、「個人のプライバシー」や「企業モラル」の面で問題になるだけでなく、立派な違法行為となったわけです。 
 そこで、本書では、「Windowsのデータはどうやって管理されているのか」「個人情報を守るにはどんな手段を講じればいいか」「データを破棄したいがどうすればいいのか」といった「情報管理術」を、ツールの解説を加えながら具体的に分かりやすく解説します。

鉄道模型シミュレーター レイアウト設計と製作 在庫なし
鷲尾 宣明 著
2005年 5月26日発売   価格 \2,052(本体 \1,900)
 「VRM」(鉄道模型シミュレーター)とは、パソコンにNゲージ・レイアウトを再現するソフトです。トミックス社との提携により、同社Nゲージ部材を使ったNゲージ・レイアウトの設計がPC上で精密にでき、さらにその結果を3Dグラフィックス表示できます。VRMは、それ単体で楽しめるのはもちろんですが、その機能を利用してNゲージ・レイアウト設計ができます。 
 図面上に部品をドラッグ&ドロップするだけで、これまで頭の中でイメージしていたレイアウトを、任意のアングルから眺めることができるようになります。また、出来上がったレイアウトが気に入らなければ、気がすむまで手直しもできます。こうして得られた「具現化されたイメージ」を元に、Nゲージ・レイアウト製作に着手することで、その労苦を大きく軽減することができます。 
 本書は、自作Nゲージ・レイアウトの所有を夢見つつ着手できずにいる鉄道模型愛好家を主な対象とします。加えて、VRMの愛好家にとってのリアル鉄道模型の世界への橋渡しとなることも目指します。付録CD-ROMには、VRMのイメージを理解するための最新版「VRM4ビュアー」のデモ。そして、VRMユーザーが創った数々の力作レイアウト・データ、実際に走行シーンが楽しめるムービーなど多数収録しています。

初心者のためのLinuxコマンドリファレンス 在庫なし
Pakira 著
2005年 5月26日発売   定価 \2,052(本体 \1,900)
 最近はFedora CoreやKnoppix、Turbolinuxなどの普及によって、Linuxが一般のユーザーにも浸透してきました。また、国の基盤システムにもLinuxが採用されることになり、ますますLinuxの需要は高くなっています。ただ、Linuxは、表面上はWindowsに近づいたものの、中核部分はやはりコマンドで操作する必要があります。そのコマンドを使いこなすのが難しいことが、Linuxの本格的な利用が一般に拡がらない原因となっています。 
 そこで本書では、Linuxのよく使うコマンドを、初心者でも簡単に使えるように、具体的な例を示しながら分かりやすく解説しました。本書は、Linux初心者必携の一冊となるでしょう。

←前月 →次月