TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2013年 > 7月 書名検索: 詳細検索...
■既刊案内 2013年7月
 2017年 |  2016年 |  2015年 |  2014年 |  2013年 
 1月 |  2月 |  3月 |  4月 |  5月 |  6月 |  7月 |  8月 |  9月 |  10月 |  11月 
←前月 →次月

ソーラー発電 LED ではじめる電子工作 在庫あり
神田 民太郎 著
2013年 7月10日発売   定価 \2,484(本体 \2,300)
 本書は3部構成でソーラー発電とLEDをテーマにした電子工作を紹介しています。 
 
 第1部では、「ソーラー発電システム」を作り、電子工作に必要な電気まで自作します。 
 
 
 
 第2部では、LED点灯する「3Dキューブ」を作り、さまざま表示方法をプログラムします。 
 
 
 
 第3部では、LED式の「電光掲示板」を作ります。現役の列車で使われているということもあり、市場に中古部品で出回ることはまずありません。本書の基本的な製作例をマスターすれば、フルカラーの「LED方向幕」や方向幕以外にも、列車の「LEDヘッドマーク」を作ることも可能です。 

「OpenGL ES」ではじめる 3D-CGプログラミング 在庫あり
清水 美樹 著
2013年 7月13日発売   定価 \2,484(本体 \2,300)
 「OpenGL」はオープンソースで開発されている「3D/2D」グラフィック用のAPIで、OSに依存しないで使えるのが大きな特長です。 
 「OpenGL ES」は、このOpenGLを「携帯電話」や「スマホ」「タブレット」向けに特化したもので、これを使えばPCと同じような3D-CGを、各種モバイル・デバイス、さらにはPS3やNintendo DSなどのゲーム機でも表現できます。 
 
 本書は、「OpenGL ES」の中でも最も使われている「2.0」を使って、「Android」用グラフィックアプリを作ります。その過程を通して、「ES」だけでなく、「OpenGL」の基礎も理解できるようになっています。 

I/O 2013年8月号 在庫あり
2013年 7月18日発売   定価 \1,008(本体 \933)
[特集] 自作派のための「メカ学」 
 I/Oでは、今までPCやスマホ、タブレットについて取り上げてきました。しかし、周りを見渡してみると、PC以外にも、「リモコン」や「Wi-Fi」、PCの「水冷・空冷」など、いろいろな技術が溢れています。 
 さらに最近では、その上位技術である「ロボット」も、私たちの身近に存在するようになりました。 
 そこで、今月号では、「自作派のためのメカ学」と題して、PCやスマホ、タブレット周りにある、さまざまな技術について取り上げます。 

たまご大事典  『日本図書館協会選定図書』 在庫なし
高木 伸一 著
2013年 7月18日発売   定価 \2,052(本体 \1,900)
身近な「たまご」について、 
  ・「黄身の色」によって、「栄養価」は異なるのか。 
  ・「たまご」は、どうして「たまご型」なのか。 
  ・良い「たまご」は、どのように選べばよいか。 
  ・「温泉たまご」は、なぜ「黄身」が先に固まるのか。 
  ・「たまごの価格」は、どのように決まるのか。 
  ・「たまご」による「食中毒」とは。 
  ・「養鶏」には、どのような方法があるか。 
  ・「たまご」が「風邪」に効く、というのは本当か。 
  ・「鳥インフルエンザ」とは何か。 
など、人気サイト「たまご博物館」の館長が丁寧に解説! 

文系のためのAndroidアプリ開発 在庫あり
梅原 嘉介・小川 敬治 共著
2013年 7月19日発売   定価 \2,484(本体 \2,300)
 スマートフォンのアプリ開発には、Javaの「基本的な知識」とAndroidの「開発環境の知識」を学ばなければなりません。ところが、文系に向けた「Java」や「Android」のテキストはほとんど皆無の状態にあり、高等教育機関などでの情報教育の立ち遅れが目立ってきています。 
 
 本書は、「AndroidSDK+Java」によるアプリ開発の入門書です。 
 
 従来も「AndroidSDK+Java」を使ったアプリの開発を解説した本はありました。しかし、前提として「開発環境の構築」や「Javaの基礎的な知識」が必要となるため、初心者にはハードルが高く感じたと思います。 
 そこで本書では、文系の人でも「Androidアプリ」が作れるように、図表などを使って、初心者でも充分理解できるようにしました。 
 
※特別な開発環境がなくても作れる「HTML5/CSS3/JavaScript」を用いた開発方法のテキスト(PDF)がダウンロードできます(本書掲載パスワードが必要)。 

はじめてのAdobe Edgeツール&サービス 在庫あり
タナカヒロシ 著
2013年 7月25日発売   定価 \2,052(本体 \1,900)
 「Adobe Edge Tools」は、Adobeが最新バージョン「CC」(Creative Cloud)でリリースを開始した「Web制作系」のツール群です。 
 大きく分けて、 屮ーサリング・ツール」、◆屮屮薀Ε供Ε帖璽襦廖↓「Webサービス」――の3種類のグループに分かれます 
 具体的には、以下のツールがあります。 
  
■Edge Animate CC 
 「HTML」と「CSS」、そして「Javascript」のWeb標準テクノロジーのみで実現するアニメーション制作アプリ。 
■Edge Reflow CC 
 アクセスするデバイスによってレイアウトが可変する「レスポンシブWebデザイン」のためのツール。 
■Edge Code CC 
 「HTML」「CSS」「JavaScript」といったソースコードを手書きで編集するためのエディタ・ツール。 
■Edge Inspect 
 デスクトップPCで制作したWebサイト、またはWebアプリを、さまざまなデバイスで同時に閲覧チェックするための検査ツール。 
■Edge Web Fonts 
 AdobeのサービスのひとつであるTypekitを各アプリ内から呼び出すための共通インターフェイスおよびWebサービスの名称。 
 
 本書では、これらの使い方を、詳しく解説しています。 

巨大地震は「解離水」の爆縮で起きる!  『日本図書館協会選定図書』 在庫あり
石田 昭 著
2013年 7月27日発売   定価 \2,052(本体 \1,900)
本書の「地震現象」は、 
まず、地下での「水の電離」があり、溜まった水素と酸素が「爆縮」し、 それによって引き起こされる「爆発」で、「地震」が起きる 
と考える、まったく新しい理論です。 
 
これまで的中したことのない「『地震予知』への巨額な国家予算の投入」「『南海トラフ巨大地震』に対する極端な被害想定」など、これまでになく地震学への批判は高まっています。 
しかしながら、これまで、批判する理論的武器をもっていなかったため、批判自体が中途半端になり、かつ相手に届いていませんでした。 
 
いまや、いちばん必要とされているのは、「地震予測」に役立たない「プレート・テクトニクス」や「活断層理論」に代わる、「新しい地震原因論」だと言えるでしょう。 
そこで、この「『解離水の爆縮』による地震説」が、「政治家」「学者」「官僚」「市民」などに広く理解されることによって、「地震防災」の体系や「政策」の見直しを図るキッカケになることを、期待しています。

←前月 →次月