TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2009年 > 8月 書名検索: 詳細検索...
ハリウッド映画でも使われる「シェーダ言語」がPCで使える!
OpenGL+GLSLによる3D-CGアニメーション
酒井 幸市 著
2009年 8月26日発売   A5判  320ページ [CD-ROM付] 価格 \2,484(本体 \2,300)
   ISBN978-4-7775-1462-5 C3004 \2300E
≪ハリウッド映画で使われている「シェーダ言語」がPCでも使える!≫
 2000年以降、リアルタイム3D-CGのプログラミング環境では、大きな技術革新がありました。固定機能しか使えなかったグラフィックス・アクセラレータが、プログラミング可能なプロセッサに移行したのです。
 これによって、映画製作で使われていた「陰影処理言語」(シェーダ言語)が、パソコンによる科学技術シミュレーションやゲーム制作にも利用できるようになりました。
 本書では、マイクロソフトの「Visual C++」によって、「OpenGL」とシェーダ言語「GLSL」を使うアプリケーションを作るとともに、「シェーダ言語」自体のプログラミングについても学びます。

 「添付CD-ROM」には、本書「サンプル・プログラム」を収録。
■ 主な内容 ■
CONTENTS

 まえがき
 付録CD-ROMの使い方

 第1章  シェーダ言語入門
 [1.1] シェーダ言語とは  [1.2] プロジェクト作成の準備
 [1.3] OpenGL/GLSLインターフェイス  [1.4] 2次元図形のプロジェクト
 [1.5] 3次元図形のプロジェクト  [1.6] GLSLプログラミングの基礎
 [1.7] GLSLの入出力変数とAPI  
 第2章  座標変換とライティング
 [2.1] 「座標系」と「座標変換」  [2.2]ライティング
 [2.3] 「ライティング・モデル」の拡張  
 第3章  テクスチャ・マッピング
 [3.1] 「固定シェーダ」による「テクスチャ・マッピング」  [3.2] GLSLによる「テクスチャ・マッピング」
 [3.3] マルチ・テクスチャ処理  [3.4] フロアへの映り込み
 [3.5] 「レンダリング画像」を「テクスチャ」に利用  
 第4章  環境マッピング
 [4.1] キューブ・マッピング  [4.2] 折環境マッピング
 [4.3] フレネル効果  [4.4] 「カラー・マッピング」と「環境マッピング」の合成
 第5章  「投影マッピング」と「シャドウ・マッピング」
 [5.1] 投影マッピング  [5.2] シャドウ・マッピング
 [5.3] 水中アニメーション  [5.4] 「屈折環境マッピング」を追加
 [5.5] テキストの作成  
 第6章  「バンプ・マッピング」「視差マッピング」そして「変位マッピング」
 [6.1] 「バンプ・マッピング」の原理  [6.2] GLSLによるバンプ・マッピング
 [6.3] カラー・マッピング」と「バンプ・マッピング」の合成  [6.4] 環境マップ・バンプマッピング
 [6.5] 「シャドウ・マッピング」との組み合わせ  [6.6] 視差マッピング
 [6.7] 変位マッピング  
 第7章  3Dテクスチャ・マッピング
 [7.1] 「3Dテクスチャ・マッピング」の原理  [7.2] OpenGLによる「3Dテクスチャ・マッピング」
 [7.3] GLSLによる「3Dテクスチャ・マッピング」  [7.4] フラクタル集合の利用
 [7.5] 「ノイズ関数」の利用  
 第8章  自然景観・現象
 [8.1] 中点変位法  [8.2] FFT
 [8.3] 粒子アニメーション  
 第9章  表面特性
 [9.1] 金属反射モデル  [9.2] 異方性反射モデル
 [9.3] 干渉  

 参考文献
 索引

 特別付録CD-ROM for Windows

 ■本書サンプルプログラム

※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
本書のサポートページはこちら
通信販売
在庫なし
サポート情報
サポート  Q&A
ご意見・ご質問

内容見本