TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2021年 > 8月 書名検索: 詳細検索...
無料で使える「物理シミュレーション」ソフト
はじめての「OpenModelica」
西剛伺 著
2021年 8月26日発売   B5判  144ページ 定価 \2,090(本体 \1,900)
   ISBN978-4-7775-2152-4 C3004 \1900E
 「OpenModelica」は、「電気」や「磁気」「機械」「流体」「熱」などの複雑な「物理系」を簡単に効率良くモデル化できる、無料の「物理モデリング」および「シミュレーション」環境。
基礎的な部分から、「物理シミュレーション」の仕方や、実際に「物理モデル」を作ってシミュレーションする方法まで解説。
■ 主な内容 ■

■「OpenModelica」の概要とセットアップ

「OpenModelica」と本書の構成

「OpenModelica」インストール前の準備

「OpenModelica」のダウンロードとインストール

「Modelica標準ライブラリ」の選択と「OpenModelica」の動作確認

 

 

■「OpenModelica」を動かす

「OpenModelica」の起動と「サンプル・モデル」の表示

「サンプル・モデル」の確認

「サンプル・モデル」の実行と「シミュレーション結果」の確認

 

 

■「モデル」を作る

「ダイオード」を用いた簡単な「回路モデル」の作成

「シミュレーションの実行」と「結果の確認」

「熱回路網」モデルを作ってみよう

複雑なコンポーネントを利用してみよう

 

 

■「自作コンポーネント」の作成

簡単な「自作コンポーネント」を作ってみよう 

「自作コンポーネント」を「パッケージ化」する 

「CPU」の消費電力を「コンポーネント化」しよう

「MOSFET」を「コンポーネント化」しよう

「MOSFET」を「コンポーネント化」しよう

 

 

■複数のドメインが相互作用するモデルの作成

「CPU」の「消費電力モデル」と「熱回路網」の接続

「CPUの消費電力モデル」の改良

「ファン制御」を想定した「マルチドメイン・シミュレーション」

「モータ・モデル」を用いた「マルチドメイン・モデル」

 

 

■「コマンド」によるシミュレーションの実行

「コマンド」による実行の概要

「サンプル・モデル」のコマンド実行

「ビルド」と「シミュレーション実行」の分離

「スクリプト・ファイル」の作成と実行

「コマンドプロンプト」でのモデルの実行

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
ご意見・ご質問