TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2018年 > 12月 書名検索: 詳細検索...
「科学」の入り口は“ふしぎ”で“ヘン”で“おもしろい”こと
手作り実験工作室⊆蟶遒蟾作編
久保 利加子 著
2018年12月25日発売   A5判  128ページ 定価 \1,728(本体 \1,600)
   ISBN978-4-7775-2069-5 C1043 \1600E
 「不思議だな」と思える現象も、自分で作図をしたり、装置を作ったりして実験をしてみると、案外簡単に理解できることがあります。

 2巻目の本書では、光を使った実験や、実際に「ゾートロープ」のようなアニメマシンを作って、最近話題のVR(仮想現実)も題材に採り入れ、それを実感していただきます。

 「不思議だな」と思ったときが、「科学の楽しさ」を深めるチャンスです。一緒に「科学の扉」を開けてみましょう。
■ 主な内容 ■

第1章 光を使った実験

[1-1] 「間違い探し」は、「VR装置」で

[1-2] 台所で「色変わりラボ」

[1-3] 「赤い光」で見てみると?

[1-4] 「LED」を覗いてみよう

[1-5] ピンホール投影機

[1-6] 半分鏡(ハーフミラー)

[1-7] お菓子の袋で「全反射」

 

第2章 一歩進んだ実験

[2-1] 簡単アニメマシン

[2-2] 首ふりドラゴン

[2-3] お手軽「VR装置」

 

第3章 さらに掘り下げて考える実験

[3-1] 「光のジュース」で遊ぼう

[3-2] 「3D」を科学する

[3-3] 「偏光板」を使って、見えないものを見る

本書内容に関するご質問は、こちら
本書のサポートページはこちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
サポート
ご意見・ご質問

内容見本