TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2017年 > 11月 書名検索: 詳細検索...
「iPhone」「iPad」「Mac」用3Dフレームワーク
Metal 2ではじめる3D-CGゲームプログラミング
大西 武 著
2017年11月27日発売   A5判  176ページ 定価 \2,484(本体 \2,300)
   ISBN978-4-7775-2036-7 C3004 \2300E
 2017年秋に、アップルは「iOS11」「macOS High Sierra」向け3Dフレームワーク「Metal 2」(メタル)を公開しました。

 「Metal」は、「iPhone」や「Mac」といったアップル製品上で「3Dリアルタイム・レンダリング」するためのフレームワークです。
 「Metal」が登場するまでは、アップル製品向けの3Dレンダリングにはオープン・ソースのAPI「OpenGL」が使われていましたが、「Metal」の登場で、パフォーマンスが大幅に向上しました。

 さらに「Metal 2」では、VR(仮想現実)の開発環境である「VRKit」、AR(拡張現実)の開発環境である「ARKit」も同梱され、ゲームやアプリの開発の幅も大きく広がりました。

 本書では、この「Metal 2」を使って、「ボーン・アニメーション」する「3Dキャラクター」を簡単に作れるライブラリ「RoxigaEngine」の作り方と、それを使った「3Dゲーム」の作成方法を解説しています。
 また、附録として、「ARKit」を使って、「ボーン・アニメーション」する「3Dキャラクター」を表示できる「ARアプリ」の作り方も解説しています。
■ 主な内容 ■

第1章「Metal 2」の基礎知識

[1-1]「Metal 2」とは

[1-2]使用するツール

[1-3]「3D-CG」の仕組み

 

第2章「RoxigaEngine」の開発

[2-1]「Metal 2」プロジェクトを作る

[2-2]「Metal」でアプリを生成する流れ

[2-3]三角形の描画

[2-4]「エンコーダ」と「シェーダ」

[2-5]「Uniformsバッファ」と「平行移動行列」

[2-6]「カメラ」と「行列計算」

[2-7]「回転」と「スケーリング」

[2-8]「フラグメント・シェーダ」と「色バッファ」

[2-9]頂点データに法線を追加

[2-10]「テクスチャ」と「UV座標」「サンプラー」

[2-11]四角形

[2-12]ボーン変形

[2-13]画面の操作

 

第3章3Dアクションゲームの開発

[3-1]3Dモデルの追加と表示

[3-2]「フラグメント・シェーダ」の変更

[3-3]vector配列

[3-4]「木の道」をスクロール

[3-5]「マルチタッチ」の処理

[3-6]「花」の表示とスクロール

[3-7]「ゲームオーバー」の実装

 

【附録】 ARライブラリ「RoxigaEngine for AR」

[附録A] ARアプリの開発

 

本書内容に関するご質問は、こちら
本書のサポートページはこちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
サポート
ご意見・ご質問

内容見本