TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2017年 > 3月 書名検索: 詳細検索...
「バックアップ」「更新チェック」「画像加工」…面倒な作業を効率的に!
シェルスクリプト「レシピ」ブック
東京シェル研究会 著
2017年 3月15日発売   A5判  144ページ 定価 \2,052(本体 \1,900)
   ISBN978-4-7775-1994-1 C3004 \1900E
 「Windows」や「Linux」などのパソコンのOSには、「シェル」(Shell)というソフトが入っています。
 「シェル」に「コマンド」と呼ばれる命令文を送信すると、ファイル操作やWebサイトへのアクセスなど、さまざまなことを直接操作できるようになります。

 「シェル・スクリプト」(ShellScript)は、複数の「コマンド」をひとまとめにしたプログラムのファイルです。
 このファイルを実行するだけで、いくつもの処理を自動的に行なえるため、面倒な作業が簡単にできます。

 「シェル」には、多くの種類がありますが、その中でも「Bash」(Born Again Shell)は、「Linux」「Mac」「Windows」で使えるため、人気のある「シェル」のひとつとなっています。
 本書は、この「Bash」を使って、ファイルの「整理」や「バックアップ」、「Webサイトの更新確認」など、仕事や趣味の場面で出くわす39の作業を簡単にする、「シェル・スクリプト」の「レシピ」を紹介しています。
■ 主な内容 ■

第1章 「シェル・スクリプト」の導入

[1-1]「シェル」と「シェル・スクリプト」

[1-2]「Windows 10」での利用方法

[1-3]「サンプル・スクリプト」の使い方

 

第2章 基本処理

[1]ファイルの存在をチェック?「繰り返し処理」を使う

[2]繰り返し処理?条件を変えながら、同じ処理を行なう

[3]繰り返し処理?「until文」による繰り返し処理

[4]入力値を「外部ファイル」から取得?「ベース・スクリプト」で効率的に

[5]対象検索?「時間」による検索

[6]対象検索?「ファイル内容」による検索

[7]重複の排除?同じ項目を削除

[8]圧縮処理?ファイルのサイズを小さく

[9]転送処理?セキュアな転送機能

[10]同期?ディレクトリ間で同期処理を行なう

[11]データ処理?欲しいデータだけを抜き出す

[12]データ処理?「動作」を実現するコマンド

[13]一時停止処理?予期せぬ作業を中断させる

[14]外部ファイル読み込み?「変数」を外部ファイルにもたせる

[15]自分がいる場所を確保?スクリプト実行後に戻ってくる場所を固定する

 

第3章 ファイル操作

[16]名前に「全角数字」が入っているファイルを探す?「文字化け」を防ぐ

[17]毎日同じ時間に、ファイルをバックアップ?ファイル名をチェック

[18]複数のファイルに同じ文字をつける?ファイルを検索しやすくする

[19]「名前」と「サイズ」が同じファイルを探す?「正規表現」による検索

[20]100個のディレクトリを1つずつ圧縮?ディスク容量を効率良く使う

[21]ファイル(ディレクトリ)の削除で警告を出す?「外部ファイル」による管理

[22]ディスク容量が一定以下になったら警告する?ディスク容量を定期的に監視

[23]ファイルサイズが大きいものを一覧で出力?設定サイズを超えるファイルを探す

[24]未使用のディレクトリやファイルを見つける?不要なファイルを削除

 

第4章 Web操作

[25]Webサイトの画像を、すべて保存する?表示データをそのまま保存

[26]「天気予報」を毎日同じ時間にチェック?「RSS配信」でデータを取得

[27]サイトの更新状況を確認?「RSS配信」を使わずに更新状況を確認

[28]「ユーザーエージェント情報」を書き換える?「スマホ向けのサイト」にアクセス

 

第5章 画像ファイルの加工

[29]画像ファイルの「Exif情報」を削除?写真データを安全に使う

[30]画像ファイルをまとめてリサイズ?複数の画像を、一律の倍率でリサイズ

[31]1枚の画像から、複数の画像を作る?画面の大きさに合わせた調整

[32]「更新日順」に、ファイル名を付け直す?「識別子」の利用

[33]「カラー画像」を「モノクロ」(白黒)に変換?写真を「モノクロ」に加工

[34]横長の「パノラマ写真」を分割?1枚の画像を、指定サイズで分割

[35]画像ファイルのサイズを調整?指定値から、リサイズの比率を決める

[36]「更新日」ごとにディレクトリを作って整理?データを別の場所にコピー

 

第6章 その他

[37]番号を自動で予想?「乱数」を使って、適当な値を得る

[38]10人の中からリーダーを1人選ぶ?値を1つだけ抜き出す

[39]暴走しているプログラムがあるか調べる?「CPU」「メモリ」の利用状況を監視

本書内容に関するご質問は、こちら
本書のサポートページはこちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
サポート
ご意見・ご質問

内容見本