TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2016年 > 7月 書名検索: 詳細検索...
PCの使い方を「性能」「価格」「機能拡張」から考える!
「スマホ」時代のコンピュータ活用術
I/O編集部 編
2016年 7月19日発売   A5判  176ページ 定価 \2,052(本体 \1,900)
   ISBN978-4-7775-1960-6 C3004 \1900E
 「スマホ」「タブレット」「スティックPC」「マイコンボード」など、PCを取り巻く環境は劇的に変化しました。そして、使い方も以前とは違ったものになっています。
 たとえば、以前は「デスクトップPC」や「ノートPC」を利用していた音楽や動画も、今では「スマホ」で直接、または「スティックPC」をテレビに挿して見ることもできます。
 これらをクラウドのサービスと組み合わせれば、どこでも同じ環境を手に入れることができます。

 本書は、現在のPCの「性能」「価格」「使い勝手」の知識を身につけ、賢く使い分ける方法を解説しています。

※本書は、月刊「I/O」に掲載された記事を再構成し、加筆修正したものです。
■ 主な内容 ■

第1章 現在使われているPCパーツ 

[1-1] 「スマホ」「タブレット」の PC化

[1-2] いろいろな場面で使われる「GPU」

[1-3] 小型化、省電力化が進む「CPU」

[1-4] 「メモリ」の最新技術

[1-5] 大容量化する「HDD」、速くなる「SSD」

[1-6] 次世代の PC技術

 

第2章 「安く使えるPC」を追求する

[2-1] 「低価格PC」の機能とは

[2-2] 「WindowsOS」と「オフィス」

[2-3] 「持続性」を考えた拡張

[2-4] 長持ちする「インターフェイス」

[2-5] 「クラウド」の賢い利用方法

[2-6] 「モバイル」との連携

 

第3章 「 PC「」スマホ」を使いやすくする

[3-1] 「入力デバイス」の UI

[3-2] 「出力デバイス」の UI

[3-3] 「スマホ」の UI

 

第4章 「スティックPC」という選択肢

[4-1] 「スティックPC」とは

[4-2] 「スティックPC」の使い方

[4-3] 「スティックPC」の派生品

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
ご意見・ご質問

内容見本