TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2015年 > 11月 書名検索: 詳細検索...
ゲーム開発で使える簡単「3Dエフェクト」ツール!
「BISHAMON」ではじめるゲームエフェクト制作
マッチロック 著
2015年11月16日発売   A5判  224ページ 定価 \2,484(本体 \2,300)
   ISBN978-4-7775-1921-7 C3004 \2300E
ゲーム重要な要素として「エフェクト」があります。
「ここでド派手な爆発を入れたい」「キャラクターの魅力を出すような演出を入れたい」
 こんな場合に、「パーティクル」を駆使した「エフェクト」を追加すると華やかさや盛り上がりが飛躍的に跳ね上がり、その効果は一目瞭然です。

「BISHAMON」(ビシャモン)は、このようなエフェクトを作るための専用の制作環境で、大きな特徴は、直感的で扱いやすく、派手なエフェクトが制作しやすいところです。
また、「Unity」をはじめとした、さまざまなプラットフォームやゲームエンジンに対応しており、独立したソフトで作るので、プラットフォームやゲームエンジンが新しいバージョンになっても、制作したデータのほとんどを流用できます。

本書は、「BISHAMON」の導入、基本操作、簡単なエフェクトの制作方法を詳しく解説しています。
■ 主な内容 ■

序章    「エフェクトツール」について


第1章    「BISHAMON」の基本

[1-1] 「BISHAMON」の導入
[1-2] 「BISHAMON」の基本画面

 

第2章    「BISHAMON」の使い方

[2-1] 基本操作
[2-2] 「動き」の設定
[2-3] 「エミッター」の設定

 

第3章    エフェクトの詳細設定

[3-1] ビュー
[3-2] インスペクタ

 

第4章    エフェクトの作成

[4-1] ストライプ
[4-2] モデル
[4-3] 画像や動画を保存する
[4-4] 「フィールド」を使ったエフェクトの作成
[4-5] 「マスパーティクル」を使ったエフェクトの作成
[4-6] 「歪み」を使ったエフェクトの作成

本書内容に関するご質問は、こちら
本書のサポートページはこちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
サポート
ご意見・ご質問

内容見本