TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2014年 > 10月 書名検索: 詳細検索...
不思議な造形を自動生成!
Structure Synthで描く 3D-CGアート
柴田良一 著
2014年10月31日発売   A5判  176ページ 定価 \2,530(本体 \2,300)
   ISBN978-4-7775-1863-0 C3004 \2300E
 「Structure Synth」は簡単なスクリプトを組むだけで、予想できないような不思議な造形を作れるソフトです。
 「3次元モデリング・ソフト」などでは、モデリングの作り込みに知識や作業が必要で、容易ではありませんが、「Structure Synth」を使うのに、そのような知識は必要ありません。
 標準的なデータ形式を用いているため、写真のような画像を生成する「レンダリング・ソフト」や、「3次元モデリング・ソフト」でデータを利用することが可能であり、実用的な活用の可能性も大きいソフトです。
 「Structure Synth」は、「オープンソース」として、無償で利用でき、「Windows」だけでなく、「Mac OS X」「Ubuntu」などに、簡単にインストールできます。

 本書では、「Structure Synth」のインストールやスクリプトの組み方といった基本から、具体的な作品作りや他ソフトとの連携などの応用まで、解説します
■ 主な内容 ■

Color Index

はじめに

サンプルのダウンロード

 

1     Structure Synth」の基本操作

[1-1]     Structure Synth」で何ができるか

[1-2]     Structure Synth」のインストール

[1-3]     Structure Synth」の操作方法の概要

[1-4]     Structure Synth」の考え方と使い方

 

2     Structure Synth」の手順

[2-1]     「スクリプト」の概要

[2-2]     「基本形状」の生成

[2-3]     「位置」に関する操作

[2-4]     「形状」に関する操作

[2-5]     「色彩」に関する操作

[2-6]     「反復」に関する操作

[2-7]     「再帰」に関する操作

[2-8]     「終了」に関する操作

[2-9]     「分岐」に関する操作

[2-10]      「手順」に関する補足

[2-11]      レイトレーサー設定

 

3     Structure Synth」の作品制作

[3-1]     付属の「Tutorials」の紹介

[3-2]     付属の「Examples」の解説

[3-3]     【作品制作】並べて作る形

[3-4]     【作品制作】回して作る形

[3-5]     【作品制作】再帰的に作る形

[3-6]     【作品制作】具体的な形状を目指す

[3-7]     【作品制作】既存の例題を拡張する

[3-8]     【作品制作】複雑な再帰を活用する

 

4     他ソフトとの連携

[4-1]     Sunflow」によるレンダリング

[4-2]     外部プログラムとの連携

[4-3]     アニメーションの作成

 

おわりに

索引

本書内容に関するご質問は、こちら
本書のサポートページはこちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
サポート
ご意見・ご質問

内容見本