TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2014年 > 3月 書名検索: 詳細検索...
「2Dイラスト」をスマホで動く「3D-CG」に!
MAYA LT 3D-CGキャラクター講座
フーモア 著
2014年 3月31日発売   A5判  192ページ 定価 \2,530(本体 \2,300)
   ISBN978-4-7775-1824-1 C3004 \2300E
 「MAYA LT」は、Autodesk社の「MAYA」(アニメーションのソフトウェア)をベースとし開発された、インディーズゲームやモバイルゲームの3Dアセットを制作に利用できるソフトです。

 「MAYA LT」には、以下のようなメリットがあります。
・「MAYA」は50〜60万円なのに対し、13〜14万と安価。
・リアルタイムシェーダーでゲーム画面を再現できる(「DirectX」「openGL」など)。
・「Unity」との相性が良い。

「MAYA LT」は、15日間無償で使える体験版があります。

 本書は、2Dイラストのキャラクターを基に、3D-CGでキャラクターを作る方法からはじめ、「Unity」を使って、Android上で動かす方法まで解説しています。
■ 主な内容 ■

Color Index

はじめに

サンプルのダウンロード

 

第1章 「MAYA LT」の基本

 [1-1] 「MAYA LT」の基本

■メリット

■デメリット

■機能の違い

 

[1-2] 3D-CG制作のフロー

[1-3]「MAYA LT」のインターフェイスと主な機能

[1-4]3D-CGの需要

■画像を一枚から3Dモデルを簡単に制作できてしまうソフト「3-sweep」

■フリーの3Dデータをダウンロード可能なサービス「ThingiverseR」

 

 

第2章 「2頭身3D-CGキャラ」を作る

 [2-1]モデリング

■「2Dイラスト制作」で気をつけること

■「ガイド表示」をして「3D-CG制作」の準備

■モデリング制作

 

[2-2]テクスチャ

■データを整える

■「テクスチャ」に展開する

■「テクスチャ」を描く

 

[2-3]動きをつける

■ジョイント

■モーション

 

[2-4]「Unity」で動かす

■「fbxファイル」に出力する

■「Unity」で読み込む

 

 

第3章 スキニング・モデリング

[3-1]キャラクターの作成と準備

[3-2]「ガイド」を表示

[3-3]モデリング

■頭

■髪

■「アクセサリ」など

■素体

■服

 

[3-4]テクスチャ展開

■前準備

■顔

■脚

■目

■リボン

■配置

 

[3-5]「テクスチャ」を描く

■「テクスチャ」を用意する

■微調整

■完成

■表示テスト

 

[3-6]スキニング

■HumanIK

■スキニング

■ウェイトペイント

■「モーションキャプチャ・サンプル」を使う

 

[3-7]「ブレンド・シェイプ」(モーフ)

■準備

■表情作成

■「ブレンド・シェイプ」設定

■再スキニング

 

[3-8]「Unity」へ

■「Unity」のプロジェクト作成

■「Unity」に送信

■モデルの設定

■ブレンド・シェイプ

■「Mecanim」で動かす

 

[3-9]スマートフォンで動かす

■PCからスマートフォンを認識する

■Android

■iPhone

■スマートフォンに送る

 

 

索引

 

本書内容に関するご質問は、こちら
本書のサポートページはこちら
通信販売
在庫なし
サポート情報
サポート
ご意見・ご質問

内容見本