TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2014年 > 3月 書名検索: 詳細検索...
「コイル」「制御回路」「レール」など、パーツからすべて自作!
自分で作るリニアモータカー
神田 民太郎 著
2014年 3月13日発売   B5判  144ページ 定価 \2,750(本体 \2,500)
   ISBN978-4-7775-1821-0 C3055 \2500E
 「リニアモータカー」の模型―それも、「ディスプレイモデル」ではなく、ちゃんと動くものは、現在市販されていません。それは、「リニアモータ」が販売されていないからです。
 「リニアモータカー」の模型を手に入れたかったら、自分でモータから作るしかありません。
                   *
 そこで、本書では、「リニアモータカー」をパーツから自作する方法を解説します。
 市販の材料を使って「列車」と「レール」を作り、「電磁石」の切り替えは「マイコン」で制御します。
 製作には、特別な技術は必要なく、中学生以上の年齢の方なら充分に製作可能です。

 完成する「リニアモータカー」は、浮上こそしないものの、動作原理は実際のものと変わらず、スケールスピードで「640km/h」で走行します。総製作費用は、2m軌道(レール2m)ぶんで約10,000円です。
 出来上がった「リニアモータカー」が走行する姿やスピードに、誰もが感動するでしょう。
■ 主な内容 ■

第1章 「リニアモータカー」の製作に必要な知識

「モータ」の種類
電磁石
永久磁石
「ホール・センサ」と「反射型赤外線センサ」
製作にかかる費用

 

第2章 「リニアモータカー」の製作

「コイルボビン」の製作
「コイル」を巻く
「軌道」部分の製作
「コイル制御基板」の作成
制御プログラム
「台車」部分の製作

 

第3章 「走行」と「軌道拡張」

「走行」に必要な「電源器」の製作
リニアモータカーの「走行」
「軌道」の拡張

[Column]科学館における工作教室の企画

本書内容に関するご質問は、こちら
本書のサポートページはこちら
通信販売
在庫なし
サポート情報
サポート
ご意見・ご質問

内容見本