TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2013年 > 5月 書名検索: 詳細検索...
現実の映像に情報を加えて創る、超現実の世界!
AR入門[改訂版]
身近になった「拡張現実」
佐野 彰 著
2013年 5月10日発売   A5判  192ページ 定価 \2,160(本体 \2,000)
   ISBN978-4-7775-1757-2 C3004 \2000E
 「AR」(拡張現実)は、現実の映像に何らかの情報を追加して表示する技術です。

 ARの技術自体は1990年代後半にはすでに実用化されていましたが、技術の進歩の結果、最近ではゲームや企業のプロモーション活動、医療行為の補助など、さまざまな状況で使われるようになりました。
 そして、iPhone、Androidといったスマートフォンやタブレットの普及に伴って、ARはより身近なものになっています。
 本書は、「AR」関連の用語からはじめ、ARが使われている実例まで、幅広く扱っており、「AR」の全体像が理解できます。

※本書は、2010年11月に発売された「AR入門」を、現状に合わせて、大幅に加筆修正したものです。
■ 主な内容 ■

COLOR INDEX

第1章   ARについて知るためのキーワード24

(1)オーグメント

(2)重畳表示

(3)アノテーション

(4)デバイス

(5)インターフェイス

(6)スマートフォン/スマホ

(7)ヘッドマウント・ディスプレイ

(8)コンピュータ・グラフィックス

(9)マッチムーブ

(10)リアルタイム

(11)可視化

(12)コンテンツ

(13)インタラクティブ

(14)コンピュータ・ビジョン

(15)マーカー

(16)ARToolKit

(17)センサ

(18)GPS

(19)位置情報サービス/ロケーティブメディア

(20)コンテクスト/文脈

(21) ソーシャル

(22) クラウドソーシング

(23) キャズム

(24) 現実世界とバーチャル・リアリティ

 

第2章   ARに関する疑問とその歴史

[2-1] そもそもARって何?

[2-2] どうやって位置を判断するの?

[2-3] ARの歴史

[2-4] なぜARが注目されているの?

[2-5] どんなことにARは使えるの?

[2-6] どんな利点があるの?

[2-7] 誰でもARを使うことができるの?

[2-8] どうやったらARのコンテンツを作れるの?

 

第3章   ARの応用事例39

[3-1] エンタテイメント

[3-2] ARブラウザ/ARプラットフォーム

[3-3] イベントでの利用

[3-4] 出版物・印刷物との連携

[3-5] 作業のアシスト

[3-6] 三次元情報や大きさを伝える

[3-7] 現実空間と溶け合う

[3-8] キャンペーン(販売促進)

[3-9] 身体との連携

 

第4章   ARのこれから

[4-1] ARコンテンツの特徴

[4-2] 新しい技術・新しい発想

 

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫なし
サポート情報
ご意見・ご質問

内容見本