TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2012年 > 2月 書名検索: 詳細検索...
「Webアプリ」を「GAE/G」で手軽に「開発」「公開」「運用」!!
はじめてのGoogle APP Engine 「Go言語」編
茨木 隆彰 著
2012年 2月15日発売   A5判  160ページ 定価 \2,052(本体 \1,900)
   ISBN978-4-7775-1660-5 C3004 \1900E
《Googleのプラットフォーム「GAE」でできるクラウドアプリケーション》

 「Google App Engine」(以下、「GAE」)は、Googleから提供されている「PaaS」(パース Platform as a Service)です。
 「GAE」によって、「クラウド・アプリケーション」を自由に「制作」「公開」「運用」することができます。

 「GAE」向けのアプリケーション開発では、従来「Python」や「Java」が使われていましたが、最近になって「Go言語」が追加されました。
 「Go言語」のアプリケーションは「ネイティブ・コード」にコンパイルされて実行されます。そのため、従来の言語に比べてCPUの仕様効率が良く、重いアプリケーションを実行するのに向いています。

 本書では、この「Go言語」を用いた「Google App Engine」開発を解説しています。
■ 主な内容 ■
CONTENTS
 はじめに

 第1章  「Google App Engine」の準備
[1-1]Google App Engine [1-2]Go言語 [1-3] I環境の導入とデベロッパー登録

 第2章  「GAE/G」チュートリアル
[2-1]最初の一歩 [2-2]「GAE/G」の機能を使う

 第3章  データストア
[3-1]データストア [3-2]データの保存 [3-3]データの読み込み
[3-4]「データストア」の割り当て

 第4章  「メモリキャッシュ」を使う
[4-1]「メモリ・キャッシュ」とは [4-2]「メモリ・キャッシュ」を読み書きする

 第5章  ユーザー情報を使う
[5-1]ログイン管理 [5-2]「Googleアカウント」によるログイン [5-3]「OpenID」を用いたログイン

 第6章  HTTPで情報を取得する
[6-1]「URL Fetch」とは [6-2]「URL Fetch」を使う [6-3]割り当て

 第7章  タスクをスケジュールする
[7-1]「TaskQueue」と「cron」 [7-2]「cron」を使う [7-3]「TaskQueue」を使う
[7-4]割り当て

 appendixA  Go言語ツアー
[A-1]「Go言語」について [A-2] Hello World [A-3]「型」と「データ」
[A-4]制御構文 [A-5]並列性

 appendixB  ツール類の使い方
[B-1] ツール類の使い方


 索引

※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
ご意見・ご質問

内容見本