TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2012年 > 1月 書名検索: 詳細検索...
標準メールソフトの導入から活用まで!
やさしい!Windows Liveメール
東京メディア研究会 著
2012年 1月21日発売   B5判  128ページ 定価 \1,620(本体 \1,500)
   ISBN978-4-7775-1656-8 C3004 \1500E
「電子メール用ソフト」(メーラー)として、従来はXPには「OutlookExpress」(以下、「OE」)があり、Vistaには「WindowsMail」(以下、「WM」)がありました。
ところが、最新のWindows7には、それがありません。
一部のメーカー製パソコンでは、メーラーをインストールして販売している機種もありますが、Windows7にはなくて、戸惑った方も多いでしょう。
マイクロソフトは、「OE」や「WM」の後継として、「Windows Liveメール」を用意はしていますが、ユーザーが自分でインターネットからダウンロードする必要があります。そのため、ビギナーには敷居が高くなっています。
そこで本書では、「Windows7」「Vista」、そして今年登場予定の「Windows8」(仮称)の標準メーラーになる「Windows Liveメール」の、導入方法と活用法をまとめました。また、「Windows Liveメール」導入の際に必要な「OE」や「WM」からのデータ移行手順も解説しました。
さらに、「SkyDrive」や「フォトギャラリー」をはじめとする「Windows Live」のツール群と組み合わせた使い方や、スマートフォンとの連携など、より深く活用するためのテクニックも紹介しています。
■ 主な内容 ■
CONTENTS

 

 01 Windows Liveメールの導入

 「Windows Liveメール」をダウンロードしよう!
 「Windows Live ID」を登録しよう!
 「Liveメール」を起動してみよう!(変更)
 “ちょっと”だけ「Liveメール」を使ってみよう!

 02 旧PC→新PCへ メールの引越し

 「Outlook Express」から引っ越ししよう!(XP編)
 「Liveメールにインポートしよう!(XP編)
 「Windowsメール」から引っ越ししよう!(Vista編)
 「Liveメール」にインポートしよう!(Vista編)

 03 無料メールアドレスをLiveメールに登録

 「Hotmailアカウント」を登録しよう!
 「Gmailアカウント」を登録しよう!
 「Yahoo!メール・アカウント」を登録しよう!

 04 Liveメールの基本的な使い方

 「Liveメール」の画面構成
 メールを作成してみよう!
 メールにファイルを添付してみよう!
 「アドレス帳」から「宛先」を呼び出してみよう!
 迷惑メール対策とメールの振り分け

 05 Liveメールのバックアップ

 「Liveメール」をバックアップしてみよう!
 「Liveメール」を復元してみよう!

 06 WindowsLiveサービスの活用

 「フォトメール」を使ってみよう!
 「Liveメール」と「Hotmail」を同期させよう!
 「Liveメール」でニュースフィードを購読しよう!
 「Liveメッセンジャー」を活用しよう!
 「Liveメール」をアンインストールするには?

 Column

 インターフェイスが大幅改良された「Windows Liveメール」
 「Windows Live Essentials」の他のソフトは?
 「Windows Live ID」って、取らなきゃダメ?
 「Liveメール」内のメッセージを素早く分類!


 さくいん

※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫僅少
サポート情報
改訂版が発売されています
ご意見・ご質問

内容見本