TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2011年 > 4月 書名検索: 詳細検索...
商用の「MATLAB」とフリーの「Octave」「FreeMAT」を自在に活用!
はじめての伝達関数
一條 博 著
2011年 4月25日発売   A5判  304ページ 定価 \2,700(本体 \2,500)
   ISBN978-4-7775-1597-4 C3053 \2500E
《求め方→区別→利用法》
 制御という世界は非常に多彩です。「制御を行なう主体」と「制御を行なわれる対象」はさまざまあります。その手段も同様です。しかし、その過程を理解するには、制御についての表現が必要です。「伝達関数」はそのための方法の一つで、制御工学の基本中の基本となります。
 本書の目的は、この伝達関数について、「どうやって求めるか」「どのような性質があるか」「その性質はどのように利用できるか」を考えることができるようにすることです。
 得られた「伝達関数」は、個人のPCではフリーの「Octave」や「FreeMAT」を使い、学校や職場では商用の「MATLAB」で解析し、システムの「周波数応答」や「時間応答」をグラフ化します。
(そのため、「MATLAB」(FreeMAT)と「Octave」のどちらでも処理できる方法を解説しています)。
■ 主な内容 ■
CONTENTS

 はじめに

 第1章  制御の意味
 [1-1] 制御とは  [1-2] ブロック線図と制御の種類

 

 第2章  フィードバック制御の意味
 [2-1] フィードバックの分類  [2-2] 目標値の性格による分類
 [2-3] 使用分野による分類 (制御量の種類による分類)  [2-4] 操作するエネルギーによる分類

 

 第3章  電子回路の周波数特性
 [3-1] 回路の基本的な定理  [3-2] 能動素子
 [3-3] 受動素子 (周波数とインピーダンス  [3-4] 「能動素子」による回路
 [3-5] 演算増幅器(オペアンプ)の機能  

 

 第4章  伝達関数
 [4-1] 伝達関数  [4-2] ボード線図
 [4-3] ブロック線図  [4-4] ラプラス変換
 [4-5] 逆ラプラス変換  [4-6] 「ラプラス変換」の利用例

 

 第5章  システムの応答
 [5-1] 周波数応答  [5-2] 時間応答
 [5-3] 時定数  [5-4] 複雑な伝達関数

 

 第6章  「MATLAB」「Octave」「FreeMAT」
 [6-1] 「MATLAB」「Octave」「FreeMAT」の概要  [6-2] MATLABの使い方
 [6-3] Octaveの使い方  [6-4] 「FreeMAT」の使い方

[column]  最新の「debian Linux」の注意

 第7章  ブロック線図によるシステムの評価
 [7-1] システム評価の方針  [7-2] 「MATLAB」「Octave」によるブロック線図の表現
 [7-3] 伝達関数とブロック線図  
 [7-4] 「一次遅れ」「二次遅れ」要素の、「周波数」と「時間応答」の比較
 [7-5] 「能動素子」による構成の「時間応答」  [7-6] フィードバック制御
 [7-7] フィードバックの応用  

[column]  参考書

 第8章  伝達関数と応答の実例
 [8-1] 周波数応答  [8-2] 時間応答

 


 おわりに
 索引

※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫なし
サポート情報
ご意見・ご質問

内容見本