TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2011年 > 4月 書名検索: 詳細検索...
理系なら必須の基本分野を完全マスター!
独習者のための高校物理
松永 捷一 著
2011年 4月23日発売   B5判  416ページ 定価 \3,024(本体 \2,800)
   ISBN978-4-7775-1593-6 C1042 \2800E
≪「力学」「熱学」「波動」「電磁気」「原子」…古典物理を高校レベルで解説≫

 「物理学」は、自然界に起こる諸現象を読み解くものであり、運動、波動、電磁気、天体など、あらゆる現象を対象とした学問として、現代人必須の知識となっています。

 本書は、「理系大学生だが、高校で物理を履修していない」「高校で履修したが不勉強だった」といった人を対象に、「力学」「熱学」「波動」「電磁気」「原子」などの古典物理を、高校レベルで解説したものです。現役の高校生や大学生はもちろん、これから教員としてスタートする人や、社会人になって物理を復習したいと思っている人にも役立ちます。
■ 主な内容 ■
CONTENTS

 はじめに

 第1章  物体の運動

 ベクトルとスカラー
 「運動」を表わす量

  ■位置ベクトル
  ■速度
  ■加速度
  ■相対速度
  ■1次元の運動
 落体の運動
  ■自由落下
  ■鉛直投射
  ■水平投射
  ■斜方投射

 第2章  運動の法則

 力
  ■いろいろな力
  ■質点に働く力の釣り合い
  ■大きさのある物体の釣り合い
 運動の法則
  ■質量(mass)と重さ(weight)
  ■運動方程式
 円運動
  ■等速円運動
  ■万有引力
  ■人工衛星
  ■慣性系と非慣性系
 単振動

 第3章  力学的エネルギー保存の法則

 仕事とエネルギー
  ■仕事
  ■力学的エネルギー保存

 第4章  運動量保存の法則

 運動量と衝突
  ■運動量と力積
  ■質点系の運動量保存
  ■跳ね返り係数と衝突

 第5章  熱学

 「熱」とは
  ■「温度」と「熱平衡」
  ■「理想気体」の巨視的振る舞い
  ■気体分子運動
  ■分子の「平均運動エネルギー」と絶対温度
  ■気体の「内部エネルギー」と、「モル比熱」
  ■熱力学第1法則
  ■定積モル比熱「Cv」
  ■熱力学第2法則

 第6章  波とは

 波動
  ■波動
  ■波の性質

 第7章  音

 「音波」と「発音体」
  ■音の「回折」「反射」「屈折」
  ■ドップラー効果
  ■弦振動
  ■気柱振動

 第8章  光

 光波
  ■反射・屈折
  ■回折・干渉
  ■光は横波
  ■スペクトル
  ■鏡とレンズ

 第9章  電場とは

 電場と電位
  ■静電誘導
  ■誘電分極
  ■静電気に関するクーロンの法則
  ■電場…「電界」ともいう
  ■電位
  ■電場中の位置エネルギー
  ■電場中の仕事
 コンデンサ
  ■コンデンサとは
  ■電気容量
  ■コンデンサの接続
  ■静電エネルギー
  ■導体、誘電体中の電場、電位差
  ■極板間引力
  ■電荷保存

 第10章  電流と回路

 電流と仕事
  ■電流とは
  ■オームの法則
  ■電気抵抗
  ■合成抵抗
  ■電流計・電圧計
  ■電池
  ■キルヒホッフの法則
  ■電力
  ■半導体

 第11章  電流と磁場

 電流と磁場
  ■磁場
  ■電流の作る磁場
  ■電流が磁場から受ける力
  ■運動する荷電粒子が磁場から受ける力
  ■ホール効果
  ■平行電流間に働く力

 第12章  電磁誘導と交流

 電磁誘導と交流
  ■電磁誘導の法則
  ■磁場中を運動する導体棒
  ■自己誘導・相互誘導
  ■交流
  ■電気振動
  ■変圧器
  ■電磁波

 第13章  粒子性と波動性と原子構造

 電子と光
  ■電子はどのように調べられたか
 波動性と粒子性
  ■光の粒子性
  ■X線の二重性
  ■電子の波動性
 原子構造
  ■水素原子のスペクトル
  ■原子模型
  ■ボーア原子モデル
  ■エネルギーバンド

 第14章  原子核と素粒子

 原子核
  ■原子核
  ■放射能現象
 核分裂、核融合
  ■核エネルギー
  ■核分裂
  ■核融合
 クォーク
  ■素粒子
  ■クォークとレプトン


 [付録A]物理量と有効数字
 [付録B]物理学小史


 演習問題解答


 索引

※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
本書のサポートページはこちら
通信販売
在庫なし
サポート情報
サポート
ご意見・ご質問

内容見本