TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2010年 > 11月 書名検索: 詳細検索...
Googleがていきょうする高速コンパイラ言語
はじめての「Go言語」
茨木 隆彰 著
2010年11月10日発売   A5判  160ページ 定価 \2,052(本体 \1,900)
   ISBN978-4-7775-1559-2 C3004 \1900E
☆「開発しやすい」「実行速度が速い」「並列処理サポート」……
優れた特徴をもった、オープンソースの新言語を解説!

 「Google Go」(グーグル・ゴー)は、Googleによって開発され、2009年11月に発表された新しいプログラミング言語です。
 「Go言語」は、「C++」のように実行速度が速いコンパイラ言語でありながら、「Python」や「Java Script」などの動的言語のように開発が容易です。
 また、「ガベージ・コレクション」機能を備え「並列処理」もサポート。
 サイズの大きなプログラムでも数秒でコンパイルできます。

 本書では、「Google Go」の「導入」と「基本事項の解説」から「パッケージの紹介」まで、順を追って読むことで、スムーズに「Go言語」を学ぶことができます。
■ 主な内容 ■
CONTENTS

 はじめに

 第1章  「Go言語」の準備

 [1-1]  「Go言語」とは

 [1-2]  言語と開発環境

 「Linux」「MacOS X」でのインストール  「Windows」でのインストール
 HELLO WORLDだ!

 第2章  「Go言語」の基本事項

 [2-1]  helloworldから見る基本形

 [2-2]  Goのデータ

 各種型の紹介  「変数」と「定数」
 配列とスライス  構造体
 マップ  ポインタ

 [2-3]  演算子

 代入演算子  算術演算子
 比較演算子  演算子の優先順位

 [2-4]  制御構文

 条件判断  繰り返し構文
 スイッチ構文

 [2-5]  関数

 基本的な関数  複数の戻り値
 クロージャ  遅延実行

 [2-6]  パニック

 panic()関数  recover()関数

 第3章  オブジェクト指向

 [3-1]  「オブジェクト」と「レシーバ」

 [3-2]  「継承」と「埋め込み」

 [3-3]  インターフェイス

 第4章  並列処理

 [4-1]  Goルーチン

 [4-2]  チャンネル

 [4-3]  並列処理の実装

 第5章  パッケージ

 [5-1]  パッケージ

 [5-2]  パッケージを作る

 [5-3]  標準パッケージ群

 fmtパッケージ  osパッケージ  ioパッケージ  bytesパッケージ
 stringsパッケージ  strconvパッケージ  mathパッケージ  sortパッケージ
 containerパッケージ  templateパッケージ  xmlパッケージ  httpパッケージ


 索引

※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
本書のサポートページはこちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
サポート
ご意見・ご質問

内容見本