TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2008年 > 8月 書名検索: 詳細検索...
制御系プログラマー、ワンランク上へのステップアップ
バグを出さないプログラミング
嵐 正秀 著
2008年 8月 6日発売   A5判  208ページ 定価 \2,052(本体 \1,900)
   ISBN978-4-7775-1380-2 C3004 \1900E
 同じような処理を作っているのに、他人に比べて、「プログラムの書く量が多い」「実行に時間がかかる」「修正に時間がかかる、修正の量が多い」「不具合やミスが多い」「改造しにくい」などと言われたことはないでしょうか。
 そのような人は、言語の知識はあっても、実践的な訓練がなされていない状態で、プログラミング技術は独学に近く、努力が空回りしていると思われます。
 本書は、主に制御系システムのプログラム作成を職業としている初級〜中級のプログラマーを対象にした、バグを出さないコーディングのためのガイドです。
■ 主な内容 ■
CONTENTS
 はじめに

 基本編

 1章  プログラムを作る前の考え方
 [1.1] 機能仕様を徹底的に分析せよ  [1.2] プログラムは作った量だけバグが増える
 [1.3] 機能に対する処理の考え方  [1.4] 仕様外異常を検出したらどうする?

 2章  プログラムの記述に当たっての考え方
 [2.1] 「見やすい」ソースを目指せ  [2.2] 「分かりやすい」ソースを、単純で間違えにくい記述を目指せ
 [2.3] バグがでることを認めてプログラムを作る  

 3章  プログラムを作った後の考え方
 [3.1] 動作試験の考え方  [3.2] プログラムが完成した後の考え方

 4章  プログラム実行環境のおさらい
 [4.1] リエントラントとリロケータブル  [4.2] プログラムを外部記憶装置から読み出す方式の動作
 [4.3] プログラムをROM化して直接実行する方式の動作  

 応用編

 5章  基本的な、しかし間違いやすい言語仕様のおさらい
 [5.1] C言語の特徴  [5.2] 型と宣言  [5.3] 構造体  [5.4] ポインタ
 [5.5] 初期化  [5.6] ヘッダ・ファイル  [5.7] 演算子  [5.8] 繰り返し文
 [5.9] 関数と引数  [5.10] その他の、C言語ならではの記述と、間違いのない記述方法

 6章  CPUやOSによる違い
 [6.1] 「Windows&Intel系CPU」しか知らない人へ  [6.2] コンパイル・オプション
 [6.3] メモリとファイル操作の注意点  

 7章  テクニック
 [7.1] 処理テクニック  [7.2] コーディング・テクニック
 [7.3] ミスを防ぐテクニック  

 8章  その他の注意点
 [8.1] 組み込み処理用、制御用、イベント関係  [8.2] デバック時のヒント
 [8.3] 移植時の注意点  


 おわりに
 索引

※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
ご意見・ご質問

内容見本