TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2008年 > 6月 書名検索: 詳細検索...
Windows Linuxで使えるオフィスソフトの操作方法をわかりやすく解説!
はじめてのEIOffice2007
松本 美保 著
2008年 6月25日発売   A5判  160ページ [CD-ROM付] 価格 \2,484(本体 \2,300)
   ISBN978-4-7775-1367-3 C3004 \2300E
 「EI Office」は、「MS Office」と高い互換性をもつ、高機能で低価格のオフィス・ソフトです。
 その大きな特徴は、複数のOSへの対応。基本設計の特性から、Windowsはもちろん、Linuxでも使うことができ、今後はMacやSolarisなどでも使えるようになる予定であることです。
 また、独自技術の採用によって、「ワープロ」「スプレッドシート」「プレゼンテーション」の各アプリケーションが、1つの画面に連携できたり、▲如璽親唄ができたりするのも特徴です。
 さらに、(a)「動画などの画像」や「音声ファイル」を「データ」として挿入できる、(b)「実験図」や「複雑な数式」を簡単に作れるなど、「MS Office」にはない独自の機能が多く備わっています。操作感は「MS Office」に近く、実用性が非常に高いのも魅力です。

 本書では、「EI Office」の基本的な操作の解説を中心に、各アプリケーションの独自機能の使い方を、図解を使いながら分かりやすく解説しています。

■「添付CD-ROM」には、「EI Office2007 SP4製品版」(1ライセンス)を収録しているので、すぐに「EI Office」をはじめることができます。
■ 主な内容 ■
CONTENTS
はじめに

 第1章  「EI Office」をはじめよう
「EI Office」とは/ 「EI Office」独自の機能/ 「EI Office」をインストールする/ ユーザー登録する/ 「Word」や「Excel」ファイルを開くと「EI Office」で開いてしまう

 第2章  「EI Office」の基本操作
「EI Office」の画面構成/ 「EI Office」を起動する/ アプリケーションを指定して起動する/ [EI Office快速起動]を、停止/有効にする/ 起動後にファイルを新規作成する/ 「バインダー」って何?/ 同じバインダー内にファイルを作る/ 新しいバインダーとしてファイルを作る/ バインダー内のファイル名を変更する/ バインダー間でファイルを移動する/ バインダー内のファイルをエクスポートする/ 「MS Office」ファイルを既存のバインダーにインポートする/ 「MS Office」ファイルを開く/ ファイルを保存する/ パスワードを付けて保存する/ 「MS Office」ファイルとして保存する/ バインダー内のすべてのファイルを「MS Office形式」で保存する/ 常に「MS Office形式」で保存する/ 「PDF形式」で保存する/ 画像を挿入したファイルのサイズを小さくして保存する/ メールにファイルを添付する/ 実験図を簡単に挿入する/ ビーカー内の液体の色や量を変える/ ビデオやサウンドを挿入する/ 音声を録音してファイルに挿入する/ 複数のウインドウを並べて表示する/ ウインドウを切り替える/ 同期ヘルプを利用する

 第3章  ワードプロセッサ
特殊な記号や文字を入力する/ 自動更新される日付や時刻を入力する/ 文書内の不要なスペースを一発で削除する/ 文字に色つきの囲み線を引く/ 段落を線で囲む/ 段落を色で塗りつぶす/ 箇条書きや段落番号を設定する/ 箇条書きの記号を図に変更する/ よく使う書式をスタイルに登録する/ 登録したスタイルの書式を変更する/ タブ位置の間隔を変更する/ 入力した文字を表に変換する/ 表を挿入する/ セルを斜めに分割し各セルに文字を入力する/ 「スプレッドシート」の表をリンク貼り付けする/ グラフを挿入する/ 関数グラフを挿入する/ ヘッダーに日付を挿入する/ ヘッダーに自動挿入される横線を削除する/ フッターにページ番号を挿入する/ 原稿用紙のスタイルで文書を作る/ ページの背景に図を挿入する/ クリップアートを挿入する/ 組織図を挿入する/ 複数の図形をグループ化する/ サイエンスエディターにフォルダを作る/ 作った図をサイエンスエディターに登録する/ 手書きの文字を挿入する/ 文書全体をロックしてレイアウトを保護する/ 差し込み印刷を利用する

 第4章  スプレッドシート
セルに画像を埋め込む/ セルに埋め込んだ画像をセルの外に出す/ 別のセルに入力したデータを1つのセルにまとめる/ 表の行と列を入れ替える/ ランダムなサンプル・データを自動入力する/ 文字の配置を変えずにセルを結合する/ 条件を満たしたセルの書式を変える/ 条件に合ったデータだけを合計する/ 行と列が交差する位置のデータを検索する/ 指定した比率で総額を分配する/ グラフを作る/ グラフのスタイルを簡単に変更する/ 条件に合ったデータだけを抽出する/ 項目ごとにデータを集計する/ ピボットリレーションテーブルを利用する/ 日単位の集計データを月単位に変更する/ 項目を絞って集計する/ マクロを使って作業を自動化する/ ヘッダーに会社のロゴを印刷する/ ページ設定の内容を印刷スタイルに登録する/ 登録した印刷スタイルで印刷する/ 登録した印刷スタイルを、修正/削除する

 第5章  プレゼンテーション
スライドを、挿入/削除する/ スライドのレイアウトを変更する/ 行間を、拡大/縮小する/ 表を挿入する/ 表内の文字の配置を変更する/ スライドに画像を挿入する/ グラフを挿入する/ 「スプレッドシート」のデータをグラフに利用する/ スライドにデザインを設定する/ デザインの配色を変更する/ 画面切り替え効果を設定する/ アニメーションを設定する/ アニメーションを一括設定する/ スライドショーを実行する/ スライドを自動的に切り替える/ 発表者用のノートを、作る/印刷する/ スライドの横にメモ欄をつけて印刷する


 索引

   特別付録CD-ROM for Windows/Linux
 ●EIOffice2007 特別版 SP4を収録。(1ライセンス付)

※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
ご意見・ご質問

内容見本