TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2008年 > 1月 書名検索: 詳細検索...
GUIプログラミングの標準コンポーネント
Java Swing教科書
赤間 世紀 著
2008年 1月17日発売   A5判  240ページ 定価 \2,052(本体 \1,900)
   ISBN978-4-7775-1335-2 C3004 \1900E
 Javaの「GUIプログラミング」では、「AWT」と「Swing」(スイング)と言われる「コンポーネント」が利用されますが、最近では「Swing」が主流になっています。「Swing」は、「AWT」を拡張した豊富なグラフィックス機能をもち、外観や動作がプラットフォームに無依存で一貫性をもつ「ルック・アンド・フィール」を実現できます。

 本書の目的は、「Swingプログラミング」の基礎を解説することです。従来の「Swing」の解説書は非常に分厚く、また、マニュアル的なものが多くて、たとえすべて読み通しても、実際に「GUIプログラム」の助けになることはあまりなかったように思われます。
 そこで、本書では、2段構成で「Swing」を解説します。まず、「Swing」の基本を簡単なプログラムで一通り解説し、次に、典型的な応用分野のプログラムを「Swing」でいかに記述するかを解説します。
 このような構成によって、「Swingプログラミング」の本質をマスターしていきます。
■ 主な内容 ■
CONTENTS
 まえがき

 第1章  序論
 [1.1] Java  [1.2] GUIとJFC
 [1.3] AWTとSwing  

 第2章  Javaプログラミング
 [2.1] JDKの入手法  [2.2] 簡単なプログラム

 第3章  Swing入門
 [3.1] Swingの構成  [3.2] SwingにおけるGUI作成
 [3.3] イベント処理  

 第4章  基本的なGUI部分
 [4.1] フレーム  [4.2] ラベル
 [4.3] ボタン  [4.4] テキスト・フィールド

 第5章  その他のGUI部分
 [5.1] チェック・ボックス  [5.2] ラジオ・ボタン
 [5.3] コンボ・ボックス  [5.4] リスト
 [5.5] テキスト・エリア  [5.6] ダイアログ
 [5.7] メニュー  [5.8] ポップアップ・メニュー
 [5.9] ツール・バー  [5.10] スクロール・バー
 [5.11] スクロール・ペイン  [5.12] ルック・アンド・フィール

 第6章  応用GUIプログラミング
 [6.1] アプレット  [6.2] テーブル
 [6.3] ツリー  [6.4] 音声処理
 [6.5] 画像処理  [6.6] ファイル・チューザ


 参考文献
 索引

※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
本書のサポートページはこちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
サポート
ご意見・ご質問

内容見本