TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2007年 > 12月 書名検索: 詳細検索...
「Excel」で学ぶ、新アプローチ!
進化ゲーム理論と遺伝的アルゴリズム
◎「協調」と「対立」のシミュレーション
梅原 嘉介・小川 敬治 共著
2007年12月22日発売   B5変型判  216ページ [CD-ROM付] 価格 \2,484(本体 \2,300)
   ISBN978-4-7775-1328-4 C3033 \2300E
≪Excel VBAを使って実験!≫
 最近、従来の経済学に対して、進化ゲーム理論、行動経済学、実験経済学、さらには複雑系など新たなアプローチからの取り組みが目立ってきています。これらの経済学におけるアプローチの共通基盤は、複雑な経済や社会を分析するに当たり、従来の市場の合理性の仮定だけでは不充分で、厳密な理論に加え、シミュレーション、実験などの新たな分析手法を開発し展開している点にあります。
 本書では新たな経済学へのアプローチとして、このうち「進化ゲーム理論」を採り上げ、この進化ゲーム理論の基本的考え方、さらには遺伝的アルゴリズムへの展開を説明します。進化ゲームでは「囚人のジレンマ」、さらには「繰り返し囚人のジレンマ」を理論的基盤とし、この理論的根拠のもとで現実社会の複雑な状況を直視し、従来の社会的経済的な枠にとらわれずに、解の導出を図っています。そのための分析手法として、よく使われているExcelを基本に説明し、応用面で「VBA」を使って解説します。
 添付CD-ROMには、「本書サンプル・プログラム」を収録しています。
■ 主な内容 ■
CONTENTS

 はしがき
 はじめに

 第1章  「囚人のジレンマ」から「繰り返し囚人のジレンマ」
 [1.1] 「非ゼロ和ゲーム」の種類  [1.2] 合理的な選択は可能か
 [1.3] 繰り返し囚人のジレンマ  [1.4] 検討
 [1.5] その後の展開  [1.6] VBAによる説明[1]
 [1.7] VBAによる説明[2]  
 第2章  進化ゲームと自然淘汰
 [2.1] 協調の進化プロセス  [2.2] モデルの拡張(ノイズの導入)
 [2.3] ノイズの対処法  [2.4] 上品でない戦略の導入
 [2.5] VBAによる説明[1](8戦略とノイズ)  [2.6] VBAによる説明[2](18戦略とノイズ)
 第3章  遺伝的アルゴリズムの技術的手法
 [3.1] 「仮想生命体」の記憶戦略モデル「MO1」の構築と遺伝子  [3.2] 拡張した記憶戦略モデル「MO2」の構築
 [3.3] 拡張した記憶戦略モデル「MO3」の構築  [3.4] 拡張した記憶戦略モデル「MO4」の構築
 第4章  遺伝的アルゴリズムによる世代交代のプロセス
 [4.1] 5つの遺伝子コード  [4.2] 相手の他の戦略ではどうなるか
 [4.3] 進化の要因  
 第5章  遺伝的アルゴリズムによる進化プロセス
 [5.1] 遺伝的アルゴリズムの処理プロセスと流れ図  [5.2] 突然変異のない場合の遺伝的アルゴリズムの処理プロセス
 [5.3] 突然変異のある場合の遺伝的アルゴリズムの処理プロセス  [5.4] モデルの拡張(「エリート選択」の導入)
 [5.5] 本格的な遺伝的アルゴリズム[1]  [5.6] 本格的な遺伝的アルゴリズム[2]
 [5.7] 比較検討  
 第6章  経済学への応用
 [6.1] ナップサック問題例  [6.2] 「総当り法」による導入
 [6.3] 遺伝的アルゴリズムによる解法[1]  [6.4] 遺伝的アルゴリズムによる解法[2]
 付録  
 [追加資料1] 第1章の追加プログラム  [追加資料2] 第2章の追加プログラム
 [追加資料3] 動的計画法による解法(ナップサック問題への挑戦)  [追加資料4] JAVAプログラムに挑戦
 [追加資料5] 試合回数の決定問題  

 索引

   特別付録CD-ROM

●本書サンプル・プログラムを収録

※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫僅少
サポート情報
ご意見・ご質問

内容見本