TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2007年 > 7月 書名検索: 詳細検索...
「安定」「無償」で人気のリナックスを徹底解説!!
基礎からのCentOS 5
内田 保雄
2007年 7月21日発売   B5変型判  224ページ [DVD付] 価格 \2,484(本体 \2,300)
   ISBN978-4-7775-1297-3 C3004 \2300E
 「CentOS」(セント・オーエス)は、Red Hat社のリナックス「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)のソース・コードを使って、ユーザー・コミュニティの間で開発された、互換性の高いディストリビューションです。

 「CentOS」は、RHEL互換なので大変安定しており、また無償で利用できるOS(オペレーティング・システム)として人気を集めています。さらに、豊富な開発環境をもっているので、企業だけでなくLinuxの学習や教育など、さまざまな分野で使われています。
 ただ、OSとして数多くの機能を含んでいるため、自分の思い通りに使いこなすには、いろいろと操作してみて慣れることが重要になります。

 本書は、CentOSの最新版である「CentOS 5」を、インストール方法から活用法まで分かりやすく紹介したものです。本書を読めば、初心者でもすぐに使えるようになるでしょう。
 また「付録」には、すぐにでも始められるように「CentOS 5」の本体を収録しています。
■ 主な内容 ■
CONTENTS
はじめに

 1章  Linuxとは
 [1.1] Linuxとは  [1.2] OSの役割  [1.3] UNIXとは
 [1.4] CentOSとは    

 2章  「CentOS 5」のインストール
 [2.1] 必要なハードウェア  [2.2] インストールの準備  [2.3] インストールしよう

 3章  「CentOS 5」の基本操作
 [3.1] システムの起動  [3.2] ログイン  [3.3] 「ログアウト」と「システム終了」
 [3.4] ウィンドウ・システム  [3.5] マルチ・ブート  

 4章  デスクトップ環境(GNOME)
 [4.1] GNOMEとは  [4.2] GNOMEデスクトップ  [4.3] デスクトップ上のアイコン
 [4.4] 「リンク」と「ランチャ」  [4.5] パネル  [4.6] 主なツール

 5章  パッケージ管理とシステム設定
 [5.1] パッケージ管理  [5.2] yum  [5.3] システム設定
 [5.4] 日本語環境  [5.5] 印刷  [5.6] メニューの編集

 6章  アプリケーションを使う
 [6.1] ファイル・ブラウザ  [6.2] viエディタ  [6.3] Emacs
 [6.4] Webブラウザ  [6.5] メール  [6.6] グラフィックス
 [6.7] FTPクライアント  [6.8] SSHクライアント  [6.9] オフィス・スィート
 [6.10] データベース    

 7章  Linuxの基礎知識
 [7.1] Linuxの基礎事項  [7.2] ユーザーの管理  [7.3] シェルとコマンド
 [7.4] 環境設定    

 8章  ネットワークの構築
 [8.1] ネットワークの基礎  [8.2] インターネットにつなぐ  [8.3] LANにつなぐ
 [8.4] イントラネットの構築  [8.5] Windowsとの共存  

 9章  Linuxを使いこなす
 [9.1] シェル・スクリプトを使う  [9.2] C言語を学ぶ  [9.3] Javaを利用する
 [9.4] PHPを使ってみる    

 10章  システム管理の基礎
 [10.1] 環境設定  [10.2] シェル・スクリプト  [10.3] 正規表現

   付録
 [付録A] 「添付DVD-ROM」について< [付録B] ディスク領域の分割
 [付録C] サービス(デーモン)一覧  [付録D] Linuxコマンド一覧(ABC順)



 索引

   特別付録DVD-ROM
●Cent OS 5.0を収録

※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
本書のサポートページはこちら
通信販売
美本なし
サポート情報
サポート  Q&A
ご意見・ご質問

内容見本