TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2007年 > 7月 書名検索: 詳細検索...
「仮想現実」構築用言語を使った3D-CGプログラミング学習
VRML教科書
赤間 世紀 著
2007年 7月10日発売   A5判  200ページ [CD-ROM付] 価格 \2,052(本体 \1,900)
   ISBN978-4-7775-1295-9 C3004 \1900E
 3Dグラフィックス(3D-CG)は、現在もっとも期待されているコンピュータ技術の一つです。しかし、3Dグラフィックスを学ぶのは必ずしも容易ではありません。そこで、プログラミングに興味のある人が3Dグラフィックスを学ぶのに適当な言語として1997年に開発されたのが、「VRML」(Virtual Reality Modeling Language)という言語です。VRMLは名前の通り「バーチャル・リアリティ」と言われる仮想現実を構築するための言語として設計されており、さまざまな可能性をもっています。

 本書は、VRMLによって3Dグラフィックスのためのプログラミングの基礎を解説することを目的としています。本書では、「VRML 2.0」をパラレル・グラフィックス社(Parallel Graphics)が開発した「Cortona」(コルトナ)というWindows用のフリーのVRMLビューアを用いて説明します。
■ 主な内容 ■
CONTENTS
まえがき

 1章  序章
 [1.1] 3Dグラフィックス  [1.2] バーチャル・リアリティ  [1.3] VRML

 2章  VRML入門
 [2.1] Cortonaの入手法  [2.2] 簡単なVRMLプログラム  [2.3] Cortonaの基本操作
 [2.4] VRMLの基本    

 3章  形状
 [3.1] 3次元座標  [3.2] 基本形状  [3.3] 外観
 [3.4] 幾何学的変換  [3.5] テクスチャ・マッピング  [3.6] 複雑な形状

 4章  舞台
 [4.1] ビューポイント  [4.2] 背景  [4.3] 光源
 [4.4] サウンド    

 5章  センサー
 [5.1] センサーの種類  [5.2] 接触センサー  [5.3] ドラッグ・センサー
 [5.4] 可視センサー  [5.5] 接近センサー  [5.6] アンカー

 6章  アニメーション
 [6.1] 時刻センサー  [6.2] 位置変化のアニメーション  [6.3] 方向変化のアニメーション
 [6.4] 色変化のアニメーション    

 7章  外部インターフェイス
 [7.1] HTMLへの埋め込み  [7.2] JavaScriptとの連携  

   特別付録CD-ROM
 サンプルプログラム集収録


 参考文献
 CD-ROMについて
 索引

※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
ご意見・ご質問

内容見本