TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2007年 > 5月 書名検索: 詳細検索...
簡単「MiKTeX」と充実「W32TeX」で完全マスター!
はじめてのLaTeX
清水 美樹 著
2007年 5月22日発売   A5判  224ページ [CD-ROM付] 価格 \2,052(本体 \1,900)
   ISBN978-4-7775-1287-4 C3004 \1900E
 「TeX」(テフ)は、「文書作成システム」(ソフト)のことで、とりわけ「数学・科学の論文」を作ることを主な目的とします。
 「定められた記号」「独特の書体をもった文字」「文字の修飾」を生み出すばかりでなく、「文書を章や節に構造化」したり「たくさんの式や図を他から参照」したり「注釈」をつけたり──といった作業を、自動で行なってくれるものです。
 「LATEX」(ラテフ)は、この「TeX」の拡張版に当たります。
 しかし、本書はLaTeXのリファレンス本ではありせん。「リファレンス本」では、限られたページ数で多くの事項を効率良く解説するために、どうしても実用例は省かざるを得ません。やはり、習得するには、自分でソース・ファイルを打って、変換して、表示してみなければ面白くありません。
 そこで本書では、「Win32TeX」「MiKTeX」という二つのLaTeXソフトを使い、ふんだんに「実践サンプル」を用意しました。最初はやごく簡単で短い内容から始めて、だんだん複雑で長いサンプルを紹介していきます。
 本書を読めば、初心者でも迷うことなくTeXを使えるようになるでしょう。
■ 主な内容 ■
CONTENTS

 はじめに
 本書の流れ
 添付CD-ROMについて

第1章  知っておいて損はない「LaTeX」
 [1-1] LaTeXとは  [1-2] LaTeXに必要なもの
 [1-3] 本書で用いる「LaTeXソフト」  [1-4] 本書の目的と構成
第2章  LaTeXによる文書処理の基本
 [2-1] LaTeXのファイルを管理するための準備  [2-2] LaTeX環境の構築
 [2-3] 日本語版LaTeX環境の構築  [2-4] 出力結果を表示する「dviout」のインストール
 [2-5] コマンドラインで操作するための準備  [2-6] 最初のLaTeX文書作成
 [2-7] 2番目のLaTeX文書作成  [2-8] W32TeXで日本語を出力する
 [2-9] MiKTeXで日本語を出力する  [2-10] フォントを変える
第3章  小学生ドリルで、数式表記の基礎を学ぶ
 [3-1] はじめての「数式」  [3-2] 箇条書きにする
 [3-3] 掛け算と割り算  [3-4] 振り仮名をつける
 [3-5] 強制改行する  [3-6] 表示しないことを書き込む
 [3-7] 特別な記号を表す  [3-8] 図形を表示する
 [3-9] 円と正方形を表示する  [3-10] ソース中で改行キーを押す意味
 [3-11] 直線と楕円を描く  [3-12] 画像を読み込む
第4章  ここまでの復習と、これからへの準備
 [4-1] ここまでの復習  [4-2] PDFファイルへの出力
 [4-3] LaTeXの情報を得る  [4-4] LaTeX初心者の心得
第5章  中学から大学レベルの問題作成
 [5-1] 数式  [5-2] グラフ
 [5-3] 関数  [5-4] 数列
 [5-5] 微分・積分  [5-6] 行列とベクトル
 [5-7] 集合  [5-8] 理科の問題
第6章  レポート、論文、本の作成
 [6-1] 1ページのレポートを作る  [6-2] より複雑なレポートを作る
 [6-3] 本を描いてみる  
 付録  

 [付録1]MiKTeXの使い方に関するレポート
 「MiKTeX」と「W32TeX」の違い
 LaTeXで用いる語法・記号の補足


 索引

特別付録CD-ROM

 ●MiKTeX
 ●W32TeX
 ●サクラエディタ を収録

※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
本書のサポートページはこちら
通信販売
在庫なし
サポート情報
サポート  Q&A
ご意見・ご質問

内容見本