TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2007年 > 4月 書名検索: 詳細検索...
仮説が予言する !!
【仮説】巨大地震は水素核融合で起きる!
山本 寛 著
2007年 4月12日発売   四六判  240ページ 定価 \1,728(本体 \1,600)
   ISBN978-4-7775-1281-2 C0044 \1600E
 人類は地震の発生メカニズムに関心をいだいて、解明に努力してきた。今日では、「地震はプレートの相対運動によってプレート内に「歪みエネルギー」が蓄積され、それが急激に開放されることで引き起こされる」という考えが定着している。だが、最近の「GPS」の進歩によって、一つのプレートが他のプレートの中にゆっくりと沈み込んでいく「スロースリップ現象」が多く観測されるようになり、従来の「地殻に歪みエネルギーが蓄積される」という説明には無理があることがはっきりしてきた。
 著者は、さまざまな情報を手掛かりに、水を地下に注入すると、水に含まれる酸素が地下の鉱物を酸化するために奪われ、残された水素が「ブラックライト・プロセス」を経て、最終的に核融合に至るという仮説を思いついた。この仮説に従えば、「新潟県中越地震」は「廃天然ガス田」に「炭酸ガス」を圧入したために引き起こされた、人為的な地震であったと推定される。
 本書では、地震は地中に「水」を注入すれば起こすことができることを紹介したあと、これから類推される地震のメカニズムを紹介する。また、水から分離した「水素原子」から、今まで気がつかなかったエネルギーの取り出しが可能であることを紹介し、この仮説を使えば、地震にともなって発生する「ヘリウム噴出」や「発光現象」も説明できることを紹介する。
■ 主な内容 ■
 CONTENTS

 まえがき

 1章 「GPS」が暴露した、「現代地震論」の矛盾

 2章 「ヘリウムガス噴出」が示唆する「地震=核融合」

 3章 「常温核融合」研究が切り開いた、新しいエネルギー源

 4章 「水」がエネルギー源になる日がやってきた

 5章 ミルズ博士の新説が解き明かす「浜岡原発の配管破断事故」

 6章 「地震」は「核融合」だ!

 7章 「徳山ダム誘発地震」で名古屋経済は壊滅か!?

 8章 「中越地震」は「CO2注入」による人災か!?

 9章 地震を「コントロール」する時代がやってくる



 あとがき
 参考文献
 索引

※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
本書のサポートページはこちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
サポート
ご意見・ご質問

内容見本