TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2005年 > 8月 書名検索: 詳細検索...
高機能ビデオ編集ソフトで手軽にビデオを作ろう!
はじめてのPremiere Elements
勝田 有一朗 著
2005年 8月19日発売   A5判  320ページ [CD-ROM付] 価格 \2,052(本体 \1,900)
   ISBN978-4-7775-1154-9 C3004 \1900E
 アドビの「Premiere」(プレミア)と言えば、高度な機能を備え、業務用にも使われる動画編集ソフトとして有名です。しかし、業務用であるだけに、価格も10万円前後でなかなか個人で使えるものではありませんでした。しかし、パソコンのスペックも向上して、ビデオ編集のための環境が整った現在、満を持して登場したのが、この「Elements」です。
 高機能ソフトを一般向けにした「Elements」シリーズとしては、同じアドビの看板ソフトである「Photoshop」という良い先例があり、「Premiere」も同様に人気を博しています。こちらは価格も「Photoshop Elements」と同じく9800円と、個人でも購入可能な価格に抑えられ、機能もより個人ユーザー向けにカスタマイズされています。ただし、「Premiere Elements」は高機能であるがゆえに、初心者には操作や処理がやや分かりにくいのが弱点です。
 そこで本書では、「Premiere Elements」でよく使う機能やフィルタを中心に、気軽にビデオ編集するためのテクニックを紹介しています。また、付録CD-ROMには、「Premiere Elements30日体験版」を収録しているので、実際にソフトを操作しながら学ぶことができます。
■ 主な内容 ■
CONTENTS

 

 PremiereElementsでできる「画像合成」
 PremiereElementsで使える代表的なトランジション

 

 第1章 パソコンでのビデオ編集と「PremiereElements」
1-1 パソコンでのビデオ編集 1-2 PremiereElementsについて

 

 第2章 PremiereElements事始め
2-1 PremiereElementsの起動 2-2 ワーク・スペース
2-3 プロジェクトの保存と終了  

 

 第3章 ビデオの取り込み
3-1 ビデオの取り込み 3-2 メディア・ウインドウでの管理

 

 第4章 クリップの配置と編集
4-1 タイムライン・ウインドウの基本操作 4-2 スライド・ショー作成を用いたクリップ配置
4-3 クリップの配置 4-4 クリップのトリミングと編集

 

 第5章 クリップの特殊効果
5-1 クリップの再生速度 5-2 プレビューとレンダリング
5-3 エフェクトをかけてみよう 5-4 エフェクトのアニメーション

 

 第6章 タイトル・図形の作成
6-1 テンプレートを用いてタイトルを作ろう 6-2 Adobe Title Designerの機能

 

 第7章 画像合成
7-1 基本的な画像合成 7-2 キーイングを用いた画像合成
7-3 動きのある合成 7-4 合成の活用例

 

 第8章 トランジション効果
8-1 トランジションをつけてみよう 8-2 トランジションの詳細
8-3 トランジション一覧  

 

 第9章 オーディオ
9-1 音声クリップの操作 9-2 音声クリップにエフェクトを使ってみよう

 

 第10章 DVDなどに保存しよう
10-1 DVD-Videoの作り方 10-2 DVテープへの書き出し
10-3 その他の保存方法  

 

 第11章 各種設定について
11-1 環境設定 11-2 プロジェクト設定
11-3 キーボード・ショートカットについて  

 

 添付CD-ROM for WindowsXP 

 Adobe Premiere Elements体験版(30日間)を収録

 索引

※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫なし
サポート情報
ご意見・ご質問

内容見本