TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2003年 > 2月 書名検索: 詳細検索...
現役ゲームデザイナーの独断と偏見
ゲームデザイン誇大妄想狂
清水 亮 著
2003年 2月20日発売   A5判  208ページ 定価 \1,944(本体 \1,800)
   ISBN978-4-87593-415-8 C3055 \1800E
 ゲームはなぜ人々を喜ばせ、感動させ、熱中させるのか。ごく単純なルールの組み合わせが、無限のバリエーションを生み出すのはなぜなのか。コンピュータ・ゲームが隆盛をきわめ、日々新しいゲームが作り出されている現代。グラフィックが飛躍的に進歩し、現実に迫る音響効果が得られるようになった今こそ、改めてゲームがゲームたりうる根本、ゲーム・デザインというものを見直すべき時期にきている。
 本書はゲーム・デザインというものを独断と偏見で解体し、その中に潜む暗黙の法則を解き明かし、ゲーム・デザイン、そしてゲームという製品の構成要素について考える。現役のゲーム・デザイナーである著者が、手持ちのネタをすべて注ぎ込んだ、大人のためのゲーム・デザイン入門書。
■ 主な内容 ■
 まえがき

 

1章 ゲーム・バランスってなんだろう(ゲームを支配する数式の不思議)
 ● 「ゲーム・ルール」って?  ● ゲーム・モデルのモデリング
 ● ゲーム・デザインと思想  ● ゲーム・デザイン・パターン
 ● ゲーム・バランスは?  

 

2章 ゲーム・バランスってなんだろう(数値設定の勘所)
 ● ゲームを支配する数値設定の重要性  
 ● 同じ条件でも,初心者よりも熟練者のほうが,「上手いプレイ」ができるということ
 ● 難易度設定の難しさ  

 

3章 ゲームとモンタージュ
 ● ワンパターンな展開  ● 自動生成されるゲーム
 ● 人間の無意識の作用を鋭く利用したモンタージュ理論
 ● モンタージュによる画像の合成  ● モンタージュのゲーム・システムへの応用

 

4章 ゲームにおける世界観の構築
 ● 価値観と世界観  ● 世界観の構築
 ● 世界観構築の難しさ  ● 世界観からルールを作る
 ● 世界観をビジュアル化する  

 

5章 複雑系とゲーム
 ● 複雑系とは?  ● ゲームと複雑系
 ● 複雑系をゲーム性に上手く転化したゲーム  ● ネットワーク・ゲームと複雑系

 

6章 マルチ・エージェント・システムと恋愛シミュレータ
 ● ゲームとマルチ・エージェント・システム  ● 重力シミュレータ
 ● 複雑系で恋愛シミュレータが作れる?  ● 恋愛シミュレータの作り方
 ● 恋愛シミュレータの考察  

 

7章 ネットワーク・マルチプレイヤー・ゲームの秘密
 ● みんなが集まってワイワイできる  
 ● 時間にとらわれないゲーム・デザインとプレイ・スタイル
 ● ゲーム・バランスを動的に調整する「神の手」  ● もう一人の製作者(=プレイヤー)の存在

 

8章 プロジェクト管理と葛藤
 ● ディレクター vs プロデューサー vs 企画者  ● 現場監督の葛藤
 ● ゲーム開発チームの編成と管理  

 

9章 人工知能,人工無能,そしてゲーム
 ● 理性的な知性への憧れと挑戦,そして挫折  ● 知識ベースからの脱却.脳のシミュレーションへ
 ● 思考ルーチンと人工知能  ● 考えているようで,考えていない
 ● 完全自動精神化医「イライザ」  
 ● 人工無能の欠点をうまくカバーして成功した「どこでもいっしょ」

 

 あとがき
 さくいん


※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
美本なし
サポート情報
ご意見・ご質問

内容見本