TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2005年 > 2月 書名検索: 詳細検索...
最強アルゴリズムの探求とプログラミング
コンピュータ将棋のアルゴリズム
池 泰弘 著
2005年 2月23日発売   B5変型判  224ページ [CD-ROM付] 価格 \2,052(本体 \1,900)
   ISBN978-4-7775-1110-5 C3076 \1900E
 1997年、チェスのチャンピオンがコンピュータ・プログラムである「ディープブルー」に敗れました。
 チェスの次は将棋だ、と言われて7年の年月が経ちました。現在、将棋プログラムは順調に実力を向上させつつあり、一説には2015年頃にはプロに勝てるようになるのではないかと言われています。
 本書の著者は、「コンピュータ将棋協会」(CSA)主催の大会でも優秀な成績をおさめた、フリーの将棋プログラム有数の実力を誇るソフト『うさぴょん』の制作者です。本書では、コンピュータ将棋の基礎からコンピュータ将棋を強くするためのアルゴリズムまで、詳しく解説しました。
 将棋のルールや駒の動かし方から説明しているので、将棋がよく分からない人でも手軽に読むことができます。また、プログラミング用ソフト「BorlandC++5.5Compiler」とともに本書掲載の将棋プログラムもCD-ROMに添付しているので、プログラム制作はもちろん、将棋プログラムの実際の動きを見ながら学ぶことができます。
■ 主な内容 ■
 CONTENTS

 

 まえがき

 

1章  将棋のルール
 1-1 将棋のルール  1-2 ルール通りに指すためのプログラム

 

2章  簡単なインターフェイスと思考ルーチンを付ける
 2-1 ユーザーインターフェイスを付ける  2-2 原始的な思考ルーチン

 

3章  評価関数
 3-1 評価関数とは  3-2 駒の評価
 3-3 駒の交換  

 

4章  MinMaxとαβ法
 4-1 MinMax  4-2 αβ法

 

5章  ハッシュと千日手の処理
 5-1 ハッシュの利用  5-2 千日手をチェックする

 

6章  反復深化とハッシュを用いたαβの効率化
 6-1 反復深化  6-2 多重反復深化

 

7章  序盤での定石と駒組の問題
 7-1 序盤の組み立て  7-2 中終盤での評価関数の問題

 

8章  指し手の評価と前向き枝刈り
 8-1 指し手の評価と枝刈り  

 

9章  詰め将棋
 9-1 詰め将棋の基本処理  9-2 「無駄合い」の処理
 9-3 「詰め将棋」と「詰めろ」「必至」  

 

終章  残された課題とヒント
 付録1 CSA将棋等との接続方法  付録2 速度の向上
 付録3 TCP/IPプロトコルへの対応  

 

添付CD-ROM
 サンプル・リスト  Borland C++ Compiler5.5
 将棋道場  CSA将棋
 うさぴょんGUI  うさぴょんソース・リスト

 参考文献
 索引

※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
本書のサポートページはこちら
通信販売
在庫なし
サポート情報
サポート
ご意見・ご質問

内容見本