TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 新刊 書名検索: 詳細検索...
■今月の新刊

I/O 2018年11月号
2018年11月17日発売   B5判   128ページ   定価 \980(本体 \907)
単純な計算から始まったコンピュータの利用も、高度化複雑化し、さまざまな用途に使われ、私たちの生活の一部となっています。 
 
パソコンを動かす基礎、「オペレーティング・システム」には挑戦者が現われ、大きなシェアを占めています。 
その上で働く、「プログラム言語」にも、次々と新しいものが生まれています。 
 
「アプリケーション・ソフト」の大規模化もとどまることはなく、クラウド化も進んでいます。 
 
このような環境下で、ソフト従事者はどのように開発や運用をしていけばいいのでしょうか。 
 
今月は、「ソフト環境」の現状をチェックしつつ、それらへの対応方法を探ってみました。

はじめてのPlay Framework
清水 美樹 著
2018年10月20日発売   A5判   176ページ   定価 \2,052(本体 \1,900)
 「Play Framework」は、 Scala」とビルドツール「sbt」を用いた動作、◆嵌麁唄マルチスレッド」への対応、「依存性の注入」「制御の反転」のような大規模フレームワーク用の「デザイン・パターン」の使用――など、多くの高度な技術を用います。 
 「Play Framework」は「Java」でもプログラミングできます。しかし、一部には「Scala」を書かなければならないので、本書ではすべて「Scala」で書きます。

■先月の新刊

「PrePoMax」ではじめる実践構造解析
柴田 良一 著
2018年 9月20日発売   A5判   256ページ   定価  \2,808(本体 \2,600)
 最近のオープンソース「CAE」(Computer Aided Engineering)の、解析機能や計算性能は、商用の「CAEツール」に迫るものがあります。 
 
 「PrePoMax」(プリポマックス)は、「CalculiX」という従来から評価の高い「オープン」の「CAEツール」を組み込んだ、商用の「CAE」に匹敵する、非常に使いやすい操作を実現した、フリーの「構造解析ツール」です。 
* 
 これまで、「PrePoMax」について手順を解説した資料は、公式ホームページにある、“動画によるチュートリアル”の他はありませんでした。 
 そこで、筆者が「PrePoMax」開発者による協力を得て作ったのが本書で、現状、唯一の解説本となります。 
 
 難しい「構造解析」の理論は省略し、“実践的な解析ツール”として「PrePoMax」を活用することを目指しました。

OpenToonzではじめる アニメーション制作[改訂版]
泉津井陽一 著
2018年 9月20日発売   A5   208ページ   定価  \2,592(本体 \2,400)
「OpenToonzではじめるアニメーション制作」(初版2016年11月発売)を、 
最新バージョン「1.2.1」の新機能や変更点の解説を加え、画像や解説を最新版に変更! 
 
 「OpenToonz」は、アニメーション映像を作るためのソフト。アニメーション制作に必要な機能を一通り備えた統合環境で、「作画」から「彩色」「合成」「ムービー出力」までが可能。 
 「オープンソース・プロジェクト」として公開されているので、誰でも無料で使えます。 
(「OpenToonz」はスタジオジブリで使われていた「Toonz GHIBLI Edition」をベースに、オープンソース化されたもの)。 
 
 本書では、「OpenToonz」を初めて使う方でも作品を完成できるように、まずは基本をマスターし、本書を読み終わったころに一通りの作業がこなせるように、各工程ごとに順を追って解説していきます。 

I/O 2018年10月号
2018年 9月18日発売   B5判   128ページ   定価  \980(本体 \907)
 パソコンを買うときの判断材料として、性能やパーツについての知識を持つことは大切です。 
 しかし、その知識は果たしていつごろのものなのでしょうか。 
 
 「CPU」「GPU」は頻繁に新しいものが発表され、メモリも「DDR3」から「DDR4」へと移り変わっています。「記憶装置」も「HDD」の大容量化だけでなく、「SSD」も加わっています。さらに、最近は、「M.2」というインターフェイス規格も注目されています。 
 
 パソコン業界は日進月歩であり、ほんの少し前の常識が、今では通用しなくなっていることもあります。学び続けている“応用”はもちろん、分かっていると思っている“基礎”のほうも、学び直しておく必要があるのかもしれません。 
 
 そこで今月は、パソコン初心者はもちろん、上級者も対象となる、各パーツの最新事情をふまえた、「パソコンの基礎知識」を特集しました。


■近刊
 TWELITEではじめるカンタン電子工作