TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 新刊 書名検索: 詳細検索...
■今月の新刊

PC拡張&メンテナンスガイドブック
2021年 4月26日発売   B5判   112ページ   定価 \1,760(本体 \1,600)
PCを長持ちさせ性能を引き出すための方法を、.僉璽弔鮓魎后α設する「拡張術」、⊆辺機器を利用した「パワーアップ術」、今ある機体を長持ちさせるための「メンテナンス術」の3つに分けて紹介。

自宅ではじめるDocker入門改訂版
浅居 尚 著
2021年 4月26日発売   A5判   288ページ   定価 \2,970(本体 \2,700)
現在のバージョンに合わせてアップデートしたDocker解説書の改訂版! 
「Docker」は、従来の仮想化ソフトよりも、「CPU」や「ディスク」「メモリ」などのリソースの消費が少なく、1台の物理マシンで、より多くのサーバを動作させることができるのが特徴。

「物理数学」と「プログラム」でわかる「音」の解析
君島 武志 著
2021年 4月26日発売   A5判   160ページ   定価 \2,090(本体 \1,900)
 昨今の「音響システム」を理解するには、「物理」や「数学」の知識が不可欠になっています。 
 本書では、音響工学、波動方程式、伝達関数・古典制御、ラプラス変換・電気回路、Arduinoによるサウンドシステム、振動と波動の6項目にまとめています。 
 
 基礎知識のある方はもちろん、これから「音響工学」を志す方にも理解を深めるのに役立つ内容になっています。

I/O 2021年5月号
2021年 4月18日発売   B5判   128ページ   定価 \980(本体 \891)
 投資の対象として注目を集めはじめた「仮想通貨」。 
 仮想通貨は、「技術的な側面」と「経済的な側面」があります。そして、技術的な側面として「ブロックチェーン」と呼ばれる技術が使われており、「履歴の改ざんがしにくい」という特徴もあります。この特徴は、仮想通貨だけでなく、「契約書」などの書類のやりとりの記録にも応用されています。 
 
 本特集では、こうした「仮想通貨」にまつわる、さまざまな「技術」や「仕組み」を見ていきます。

■先月の新刊

はじめてのTwilio
葛 智紀 著
2021年 3月26日発売   A5判   144ページ   定価  \1,980(本体 \1,800)
 「Twilio」(トゥイリオ)は「電話番号」や「SMS」をプログラムの中に組み込むAPIサービス。「電話」と連携したシステムを簡単に作れます。 
 本書では、「Twilioを使ってできること」「Twilioの基礎的な使い方」といった 
基礎的な内容からはじめ、「ブラウザフォンの作り方」や「自動音声応答システムの作り方」などの応用まで解説。

TWELITEではじめるカンタン電子工作改訂版
大澤 文孝 著
2021年 3月23日発売   B5判   248ページ   定価  \2,970(本体 \2,700)
 本書は、電子回路がはじめての人に、TWELITEの使い方と活用法を説明します。 
 回路基板には、部品を抜き差しできる「ブレッドボード」を使います。これは回路の実験や試作などでよく使うもので、半田付けは必要ありません。 
 
 TWELITEでの無線回路の基本から始め、パソコンと組み合わせて使う応用例として、「音声合成ICで喋らせる」「液晶モジュールに文字を表示する」を解説。 
 さらに、TWEのマイコンのROMを書き換えて、「離れた場所のMIDI音源を鳴らす」 
「マトリックスLEDに文字を表示する」「TWELITEに独自のプログラムを書き込む」といったことまで紹介しています。 
※本書は2018年発売の「TWELITEではじめるカンタン電子工作」を現在の商品構成に合わせた増補改訂版です。

鉄道模型シミュレーターNX入門
I/O編集部 編
2021年 3月23日発売   B5判   144ページ   定価  \2,750(本体 \2,500)
 現実では作成が困難な鉄道模型レイアウトを、コンピュータ上で可能にする「鉄道模型のシミュレーター」。 
 「3D仮想空間」に、「レール」や「ストラクチャー」などパーツを並べて、ジオラマのデザインを確認。列車を配置してレール上を走行できます。 
 広大な仮想空間でリアルな鉄道模型を楽しむための入門書。

ネットワーク時代の落とし穴
御池 鮎樹 著
2021年 3月23日発売   A5判   160ページ   定価  \2,090(本体 \1,900)
 ネットワーク技術は、もはや社会や経済の中心と言っても過言ではないほど、現代社会に溶け込んでいる。 
 とくに、オンラインでの金銭のやり取りや、「仮想通貨」などが非常に活発になり、コロナ禍におけるテレワークや、AI技術の発達によって「ディープ・フェイク」などの新たな手口も登場している。 
 本書は、実際に起きたネット犯罪の経緯や原因など詳細に解説。横行している手口を知り、最新事情に備える。

I/O 2021年4月号
2021年 3月18日発売   B5判   128ページ   定価  \980(本体 \891)
 無線は進化し、さまざまなものがつながり、そして、より高速により便利に進化しています。 
 
 インターネットに接続するときに使うのが「モバイル通信」と「Wi-Fi」。 
 高速に通信できる「5G」は魅力ですが、提供されるのは、ごく一部の地域だけ。普及には、もう少し時間がかかりそうです。 
 
 無線化の恩恵を受けるのは、インターネットだけではありません。周辺機器も無線でつなぐことが多くなりました。その代表が「Bluetooth」。ヘッドホンやマイク、キーボード、マウスなど、さまざまな周辺機器をつなげることができます。 
 
 本特集では、こうしたさまざまな「通信」に関するエトセトラを紹介します。


■近刊
 自宅ではじめるDocker入門[改訂版]
 PC拡張&メンテナンスガイドブック
 「物理数学」と「プログラム」でわかる「音」の解析