TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2003年 > 6月 書名検索: 詳細検索...
「探索アルゴリズム」「評価関数」の設計と実装
リバーシのアルゴリズム
Seal Software 著
2003年 6月18日発売   B5変型判  208ページ [CD-ROM付] 価格 \2,052(本体 \1,900)
   ISBN978-4-87593-428-8 C3055 \1900E
 テーブルゲームには、洗練されたアルゴリズムが使われています。本書は、テーブルゲーム「リバーシ」のアルゴリズムを題材に、C++とJavaを利用したプログラムの設計と実装について解説しています。
 本書では、大きく分けて「ボードの設計と実装」、「探索アルゴリズム」、「評価関数」の順に解説しました。「ボードの設計と実装」では、オブジェクト指向をもとにリバーシのボードを表現するクラスを作成し、「探索アルゴリズム」では、テーブルゲーム必勝法探索の前提となるゲーム木について解説した後、探索の基盤となるアルゴリズムとαβ 法をはじめとするさまざまな高速化手法について解説しています。ソースリストは、C++とJavaで併記し、詳細にコメントしてあるので、入門者や中級者にも大いに参考になるでしょう。
■ 主な内容 ■
 はじめに

 

1章  イントロダクション
 1. 1 リバーシ・プログラミングの概要  1. 2 リバーシについて
 1. 3 Thellについて  1. 4 プログラミング言語について

 

2章  ボードの設計と実装
 2. 1 石の表現  2. 2 ボードの表現
 2. 3 Boardクラス  2. 4 石を打てるかどうか判定するアルゴリズム
 2. 5 データ構造の準備  2. 6 moveメソッドの実装
 2. 7 ゲーム終了の判定  2. 8 passメソッドの実装
 2. 9 undoメソッドの実装  2.10 initメソッド
 2.11 その他のメソッド  2.12 テスト・プログラム

 

3章  探索アルゴリズム
 3. 1 最善手決定の概要  3. 2 Minimaxアルゴリズム
 3. 3 alpha-beta法  3. 4 negamax法
 3. 5 NegaScout法  3. 6 その他の技法
 3. 7 先読み手数  3. 8 AIクラス
 3. 9 まとめ  

 

4章  評価関数
 4. 1 最も単純な終盤の評価  4. 2 中盤の評価関数の基礎
 4. 3 得点テーブル  4. 4 着手可能手数
 4. 5 開放度  4. 6 確定石
 4. 7 辺  4. 8 パターンを用いたテクニック
 4. 9 Evaluatorクラス  4.10 パラメータの最適化
 4.11 評価関数の実装例  4.12 まとめ

 

5章  定石
 5. 1 リバーシの定石  5. 2 座標の変換
 5. 3 CoordinatesTransformerクラス  5. 4 定石探索の実装
 5. 5 まとめ  

 

6章  ゲームの実装
 6. 1 コマンドライン版  6. 2 GUIに向けた指針

 


 特別付録CD-ROM  添付CD-ROMの使い方


 索引


※ 内容が一部異なる場合があります。発売日は、東京の発売日であり、地域によっては1〜2日程度遅れることがあります。あらかじめご了承ください。

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
ご意見・ご質問

内容見本