TOP新刊既刊I/OサポートQ&A通販お問い合わせ
 既刊 > 2022年 > 12月 書名検索: 詳細検索...
数式を「情報化」して問題を解く
数学初心者のためのMaxima入門
河西 つかさ 著
2022年12月27日発売   A5判  192ページ 定価 \2,860(本体 \2,600)
   ISBN978-4-7775-2230-9 C3041 \2600E
 数学の教科書で扱われるような基本的な問題について、「Maxima」を活用してその過程を積極的に自動化して、大人だけでなく、中高生でも簡単に数学とコンピュータを融合することができます。
■ 主な内容 ■

■導 入

  • 「数学情報化」について
  • 「数学」と「コンピュータ」の融合
  • 対象とする読者
  • プログラミング技術の習得
  • 本書の読み方

■Maximaのインストール

  • Windows へのインストール
  • Max OS X へのインストール
  • Android へのインストール

■Maximaの基礎

  • 算術演算子
  • 積の計算
  • 履歴の利用…直前出力を参照する
  • 履歴の利用…ラベルで参照する
  • 履歴の利用(3)N回前の出力を参照する
  • 履歴の利用(4)出力がリストの場合
  • 式の割り当てと定義(1) 数値の代入
  • 式の割り当てと定義(2) 等式の演算(1)
  • 式の割り当てと定義(3) 等式の演算(2)

■数学の基礎

  • 四則演算
  • 多項式の計算
  • 単項式の乗法と除法
  • 式の展開(1)
  • 式の展開…文字の置き換え
  • 因数分解…共通因数の括り出し
  • 因数分解…2次式の因数分解
  • 式の次数と係数
  • 平方根の計算(1)
  • 平方根の計算(2)
  • 1次方程式
  • 連立方程式
  • 罩 関数のグラフ
  • 2次方程式…因数分解の利用
  • 2次方程式…解の公式の利用

■数学の発展的内容

  • 集合の演算
  • 命題の真偽
  • 集合の要素の個数
  • 順列の計算

■プログラミング実践

  • 2次式の平方完成
  • 分数の操作
  • 順列計算の可視化

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
ご意見・ご質問

内容見本