TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2022年 > 6月 書名検索: 詳細検索...
無線通信の「変化」と「歴史」を捉える!
無線メディア通史
瀧本 往人 著
2022年 6月24日発売   A5判  160ページ 定価 \2,200(本体 \2,000)
   ISBN978-4-7775-2200-2 C3055 \2000E
 「無線メディア」について、これまでどのような変遷を経て実用化への道を歩んできたのか、これからどういう方向に進むのか、重要なトピックを拾い集めて、これから生まれる本格的な「無線メディア通史」のため歴史的な流れを捉えます。
■ 主な内容 ■

■「無線メディア時代」の到来

・「無線メディア」の歴史

・「周波数」の枯渇と再編

・「電離層」と「電波」

・「電波返上」を迫られるテレビ

・「アンテナ技術」の飛躍的進化

■多様化する「無線メディア」

・「5G」から「6G」へ

・「IEEE」と「Wi-Fi7」

・乱立する「LPWA」

・「Bluetooth」の進化過程

・「光」を使った無線通信

■拡張を続ける「無線メディア」

・「高速列車」への大容量データ転送

・地方交通機関との連携を進める「Suica」

・自動車通信における「V2X」と「5.9GHz」帯

・「移動基地局」の多様化

・「非地上系ネットワーク」の可能性

■「無線メディア」の新たな次元

・「人体」を使った通信

・「スマートデバイス」による新たなローカルネットワーク

・「水中」のネットワーク

・山や森林で活躍する通信技術「LPWA」

・ソニー「ELTRES」は「LPWAの覇者」になるか

■「無線メディア」を超えて

・「電力ネットワーク」の脆弱性

・「軌道角運動量(OAM)波」による無線給電

・「RFIDタグ」と無線給電

・「マイクロ波」を使った無線給電

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
ご意見・ご質問

内容見本