TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2022年 > 3月 書名検索: 詳細検索...
趣味に業務に――「遠隔操作アプリ」が簡単にできる!
Remotteではじめるリモート操作アプリ開発
大澤 文孝 著
2022年 3月16日発売   A5判  256ページ 定価 \2,860(本体 \2,600)
   ISBN978-4-7775-2185-2 C3004 \2600E
「センサのデータをどう可視化する?」「UI開発の工数を削減できないか?」「ユーザー認証は、どうする」など、IoTシステム開発の悩みを解決!
■ 主な内容 ■

■Remotteの魅力

  • 遠隔操作アプリの基盤となるRemotte
  • Remotteの使い道
  • ライセンスと費用

■Remotteを使うための準備

  • Remotteを使うには
  • 「Remotteステーション」のインストール
  • Remotteステーションの登録
  • アプリを追加する
  • アプリ利用の基本
  • まとめ

■開発者として操作する

  • 開発者に切り替える
  • Remotteアプリの構造
  • アプリの構造を確認する
  • レイアウトや表示部品の種類を変更する
  • まとめ

■Remotteアプリ開発はじめの一歩

  • この章で作るアプリの例
  • アプリを作る流れ
  • 空のアプリを作る
  • 構成要素を追加する
  • プログラムを書く
  • PCのスピーカーをミュートする例
  • グラフ表示を作る
  • 構成要素同士で連携する
  • 保存と配布
  • まとめ

■PC直結のデバイスを制御する(TWELITE編)

  • この章で作るアプリの例
  • アプリを作る前の準備
  • 「Remotteアプリ」の新規作成
  • 温度・湿度・磁気センサの値をグラフで表示する
  • 動作テスト
  • まとめ

■LANで接続されたデバイスを制御する(M5Stack編)

  • この章で作るアプリの例
  • TCP/IP対応デバイスと通信する仕組み
  • M5StackとMQTTで通信する
  • パブリッシュする部分を作る
  • サブスクライブする部分を作る

ダウンロード

  • CO2センサの接続と家電の制御
  • ビデオ映像を見ながら機器を遠隔操作する

本書内容に関するご質問は、こちら
本書のサポートページはこちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
サポート
ご意見・ご質問

内容見本