TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2021年 > 11月 書名検索: 詳細検索...
キーボードの「仕組み」と「設計の流れ」をやさしく解説!
はじめての自作キーボード
小池 俊樹 著
2021年11月27日発売   A5判  128ページ 定価 \2,420(本体 \2,200)
   ISBN978-4-7775-2175-3 C3004 \2200E
 「PC」を自作したことがある方でも、「キーボード」を自作したことある方は、それほど多くないでしょう。
 本書は、「キーボードの仕組み」を解説。そして、「オリジナル・キーボード製作の流れ」を紹介。
■ 主な内容 ■

なぜキーボードを自作するのか

「自作キーボード」とは

キーボードを自作する理由

自作キーボード」のメリット

キーボードの「物理配列」

フルサイズ型

左右分割型

立体型

キーボードの「デザイン」

「キー・キャップ」にこだわる

その他のこだわりどころ

キーボードの「打鍵感」

「打ち心地」をつくり出すもの

「キー・スイッチ」の内部構造

「打鍵感」に影響するもの

キーボードの「キー・アサイン」

「キー・アサイン」の自由度

ファームウェア「QMK Firmware」

論理配列

キーボードの構造と仕組み

「キーボード」の構造

「ケース」の構造

「キーボード」の回路

自作キーボード「Mint60」

「Mint60」の回路図

「Mint60」で使われている部品

「Arduino」の基礎

開発環境の導入

「ProMicro」で“Lチカ”

スイッチをつなぐ

「ProMicro」で簡単なキーボードを作る

「内蔵プルアップ」を使う

「キーボード用ライブラリ」を使う

「キー・マトリクス」でキー数を増やす

「チャタリング」対策

「2キー」に増やす

キー・マトリクス

ゴースト

「Mint60」の回路図

 実際に「Mint60」の回路図を見てみよう

 自作キーボードのまとめ

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
ご意見・ご質問