TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2021年 > 7月 書名検索: 詳細検索...
多機能な「液晶付きマイコン」を使いこなす!
「Wio Terminal」ではじめるカンタン電子工作
大澤 文孝 著
2021年 7月27日発売   A5判  208ページ 定価 \1,980(本体 \1,800)
   ISBN978-4-7775-2145-6 C3004 \1800E
 「Wio Terminal」は、Seeed社が開発した液晶付きマイコン。「加速度センサ」「光センサ」「マイク」「スピーカー」「赤外線送受信」や「ボタン」など、多くの機能を内蔵。
 「Wio Terminal」を使って、さまざまな電子工作の実例を紹介。
■ 主な内容 ■

■Wio Terminalとは

  • Wio Terminalの外形と機能
  • Wio Terminalで開発するには
  • 電源スイッチ
  • 電源の供給
  • 本書の構成と目的

■Wio Terminalの開発環境を整える

  • Arduino IDEをセットアップする
  • Wio Terminalの開発環境を整える
  • Wio Terminalの接続とシリアルポートの確認
  • 「Lチカ」で動作テストする

■画面表示とボタンの基本

  • 液晶画面で「Hello World」
  • ボタンの読み取り
  • 図形の描画
  • フォントの指定

■日本語表示と画像表示

  • LovyanGFXライブラリ
  • 日本語表示する
  • JPEGファイルやPNGファイルを表示する
  • スプライト機能でキャラクターを動かす

■内蔵デバイスの操作

  • 音階を鳴らす
  • マイクから音を取り込む
  • 加速度センサ
  • 照度センサ
  • IR(赤外線)送信
  • RTC

■Groveモジュールを使う

  • Groveモジュールとは
  • 温湿度計を作ってみる
  • 赤外線学習リモコンを作る

■Wi-Fi

  • Wi-Fiを使うためのファームウェアの更新
  • Wi-Fiを利用する際のライブラリ
  • Wi-Fi接続
  • WebのAPIを呼び出す
  • Webサーバとして動かす
  • NTPで時刻を取得する

■USBとBLE

  • USBキーボードやUSBマウスとして使う
  • BLEでスマホからWio Terminalを操作する
  • AppendixA GPIO定数対応
  • AppendixB シリアルモニタを使ったデバッグ

本書内容に関するご質問は、こちら
本書のサポートページはこちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
サポート
ご意見・ご質問