TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2021年 > 3月 書名検索: 詳細検索...
多様化するサイバー犯罪
ネットワーク時代の落とし穴
御池 鮎樹 著
2021年 3月23日発売   A5判  160ページ 定価 \2,090(本体 \1,900)
   ISBN978-4-7775-2140-1 C3004 \1900E
 ネットワーク技術は、もはや社会や経済の中心と言っても過言ではないほど、現代社会に溶け込んでいる。
 とくに、オンラインでの金銭のやり取りや、「仮想通貨」などが非常に活発になり、コロナ禍におけるテレワークや、AI技術の発達によって「ディープ・フェイク」などの新たな手口も登場している。
 本書は、実際に起きたネット犯罪の経緯や原因など詳細に解説。横行している手口を知り、最新事情に備える。
■ 主な内容 ■

■サイバー犯罪の“インフラ”として成長を続ける、「Emotet」

■わずか4日でサービス停止!?「7pay」不正利用事件

■実は甘い?ネットサービスの「認証」

■多要素認証をも脅かす「SIMスワップ」

■現実となった「ディープ・フェイク」犯罪

■「キャッシュレス時代」の落とし穴

■すでに現実化している「GPS」の妨害・偽装

■「セキュリティ・ソフト」自体が脆弱性に!三菱電機不正アクセス事件

■「偽メール」はなぜ無くならないのか?

■オンライン会議サービス 「Zoom」の落とし穴

■初代iPhoneにも存在? iOSの「0-click」脆弱性

■「コロナ接触確認アプリ」のセキュリティ面

■億単位(?)のIoTデバイスに潜む脆弱性「Ripple20」

■主犯は17才の少年! 世界を驚かせた大規模「Twitterアカウント乗っ取り事件」

■電子決済サービスの落とし穴〜「ドコモ口座」他を悪用した「銀行預金不正出金事件」〜

■「SolarWinds Orion」を悪用した史上最悪の「サプライチェーン攻撃」

■「スタンド・アローンPC」がハッキングされる!?「AIR-FI」

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
ご意見・ご質問

内容見本