TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2019年 > 12月 書名検索: 詳細検索...
細胞を理解するための新視点
細胞建築学入門
木村 暁 著
2019年12月27日発売   128ページ 定価 \2,090(本体 \1,900)
   ISBN978-4-7775-2095-4 C1045 \1900E
 私たち「生き物」の身体は、たくさんの「細胞」が集まって出来ている。「細胞建築学」は、その名の通り、「細胞学」と「建築学」が融合した学問を目指す。
 「細胞」を単なる「つぶ」として見るのではなく、「細胞」がどのように「建築」されているかを探るのが「細胞建築学」である。
■ 主な内容 ■

序章 「細胞建築学」へようこそ

第1章 細胞についての基礎知識

  • 「細胞」とは
  • 細胞説
  • 細胞は多様性に富んでいる
  • 生物は「細胞」だけからできているわけではない
  • 細胞の境界――「壁」と「表層」
  • 細胞内小器官―細胞内の小部屋
  • 細胞の材料となる「生体高分子」
  • タンパク質
  • 核酸――「DNA」と「RNA」
  • 「脂質」と「糖鎖」

第2章 「ゲノムDNA」は「細胞建築」の設計図か?

  • 細胞の「設計図」
  • 「生命とは何か?」
  • セントラル・ドグマ
  • DNAに書かれた情報
  • 生体高分子の「自己集合」
  • 自然淘汰
  • 遺伝情報のみにたよる細胞建築の問題点

第3章 「細胞建築」を力学的に理解する

  • 細胞建築学の視点
  • 力はなぜ重要か?
  • 細胞骨格
  • 細胞骨格 宗夙小管
  • 細胞骨格◆宗愁▲チン繊維
  • モータータンパク質
  • 細胞質の「粘弾性」
  • 「ソフトマター」「アクティブマター」
  • 「重力」の影響
  • 「粘性力」と「慣性力」――レイノルズ数
  • ランダム運動
  • 研究例――細胞核の中央配置

第4章 細胞建築の「多様性」を理解する

  • 細胞の多様性
  • 細胞と「表面張力」
  • 「表面張力」の制御と多様なパターンの形成
  • 細胞配置パターンの「頑強性」と「多様性」
  • 「細胞質流動」の統一的モデル
  • 多様なパターン形成

第5章 「中枢なき調和」を理解する

  • 「細胞建築」は「建築家のいない建築」
  • 隠れた秩序
  • 中枢なき調和
  • 細胞を使って「中枢なき調和」を研究する
  • 平衡的秩序
  • 「相分離」による秩序形成
  • 非平衡的秩序
  • フィードバック制御
  • 自発的なパターン形成
  • 非平衡で非定常な生命現象

第6章 「細胞建築」の変化を理解する

  • 時間的変化
  • 細胞状態の時間変遷の遺伝的プログラム
  • 「多様性」と「時間的変遷」の理解
  • スケーリング
  • 「中枢なき調和」と「時間的変遷」の理解

第7章 「細胞建築学」のこれから

  • 「遺伝学」と「物理学」の融合
  • 「スイッチ」としての「遺伝子」の役割
  • 記憶装置としての「遺伝子」の役割
  • 再構成アプローチ
  • 新しい科学

終章 「細胞機械論」を超えて

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
ご意見・ご質問