TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2018年 > 10月 書名検索: 詳細検索...
「Scala」で書かれた、軽快柔軟な「Javaフレームワーク」
はじめてのPlay Framework
清水 美樹 著
2018年10月20日発売   A5判  176ページ 定価 \2,052(本体 \1,900)
   ISBN978-4-7775-2063-3 C3004 \1900E
 「Play Framework」は、 Scala」とビルドツール「sbt」を用いた動作、◆嵌麁唄マルチスレッド」への対応、「依存性の注入」「制御の反転」のような大規模フレームワーク用の「デザイン・パターン」の使用――など、多くの高度な技術を用います。
 「Play Framework」は「Java」でもプログラミングできます。しかし、一部には「Scala」を書かなければならないので、本書ではすべて「Scala」で書きます。
■ 主な内容 ■

本書の動作環境

「サンプル・プログラム」のダウンロード

第1章 次世代のWebフレームワーク「Play Framework」

[1-1] 「Play Framework」で学べる、「新時代のWebアプリ」

[1-2] 「Play Framework」の「セットアップ」と「起動」

 

第2章 「Play Framework」の基本

[2-1] プロジェクトの構造

[2-2] ルーティング

[2-3] コントローラ

[2-4] テンプレート

[2-5] 編集して確認しよう

 

第3章 「Webページ」を追加

[3-1] ファイルの作成

[3-2] 「コントローラ」の作成

[3-3] 「テンプレート」の作成

[3-4] 「ルーティング」と「リンク」の作成

[3-5] 「MVC構造」の完成

 

第4章 Twirlテンプレート

[4-1] 「引数」を用いた値の受け渡し

[4-2] 「Twirl」を使った画面表示の制御

[4-4] 「ケース・クラス」を用いた条件分岐

 

第5章 いろいろな「ルーティング」

[5-1] 「動的ルーティング」の基礎

[5-2] 「集合体」から「値」を取り出す「ルーティング」

[5-2] 「動的ルーティング」で「じゃんけんゲーム」

 

第6章 「フォーム」による送受信

[6-1] 「フォーム」の作成準備とテスト

[6-2] 「ヘルパー」を用いたフォーム部品の記述

[6-3] 「フォーム・データ」の処理

[6-4] 複数の値を「フォーム」で送信する

[6-5] 「入力規則」を与える

[6-6] いろいろなコントロール

 

第7章 高度な話題

[7-1] 非同期

[7-2] 「JSONデータ」の読み書き

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
ご意見・ご質問

内容見本