TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2017年 > 5月 書名検索: 詳細検索...
オリジナルの「実用品」や「フィギュア」を作る!
Shade3Dではじめる 3Dプリント
sisioumaru 著
2017年 5月11日発売   B5判  104ページ 定価 \2,052(本体 \1,900)
   ISBN978-4-7775-2012-1 C3004 \1900E
 低価格で高性能な「パーソナル3Dプリンタ」が多数発売され、個人がデザイン・設計したものをすぐに手に取って確認できる時代になりました。
 しかし、ハードが身近になったのに対して、「3Dデータ」の作成は、まだ敷居が高いと感じている方もたくさんいるでしょう。

 一方、昔から3Dデータを作ってきた方、特に「Shade3D」ユーザーにとっては、今まで画面の中でしか見れなかったものを、「3Dプリンタ」で手に取ることができるのは、新しい楽しみと言えます。

 本書では、「3Dプリント用データ」の作成方法を、「Shade3D」を使った作例を通して紹介します。
 さらに、「3Dデータ」をプリント用に「最適化」したデータに変換するための手順と、「3Dデータ」を実際に「3Dプリント」する工程も紹介。

■ 主な内容 ■

第1章 3Dプリントの基礎知識

[1-1]3Dプリントまでの道のり

[ステップ1 3D形状データ]

[ステップ2 3Dプリント用データに変換]

[ステップ3 3Dプリント]

[1-2]3Dモデル作成ソフト 〜Shade3D〜

「Shade3D」とは

「Shade3D」の特徴

「Shade3D」の体験

どんなことができるの?

「Shade3D ver.16」の新機能

[1-3]「Shade3D」を始めるために

「Shade 3D」の初期設定

ツールの説明

「直方体形状」の作成

表示モードの変更

カメラの操作

[1-4]3Dプリンタ「atom」

 

第2章 [基本編]モデリングをはじめよう

[2-1]シンプルな「ペン立て」の作成

「直方体形状」の作成

「直方体形状」のサイズ変更

筒状に変形 〜底面の押し出し〜

「フィレット」をつける

3Dプリント用データの出力

スライサーを使って、「STLデータ」を「G-Code」に変換

3Dプリント開始

[2-2]「仕切り」つき「ペン立て」の作成

「ブール演算」とは

「仕切り」つき「ペン立て」の作成

「仕切り板」の作成

仕切り板に「フィレット」をつける

「仕切り板」の複製

「土台」の作成

「ブール演算」で一体化

3Dプリント用データの出力

3Dプリント開始

[2-3]「ブール演算」を活用して「クマのクッキー型」を作ろう

「ブール演算」の「くり抜き」による型作り

「外枠」のモデリング

「内枠」のモデリング

「ブール演算」で結合

「ブール演算」でくり抜き

「3Dプリントアシスタント」でチェック

3Dプリント開始

[2-4]「キャラクター」を3Dプリント

キャラクターの3Dプリントの紹介

ブール演算によるパーツの融合

すべてのパーツを融合

融合に失敗する場合の対処

組立式に出来るよう分割

ダボの追加 〜 STLエクスポート

印刷したい寸法に合わせる

「netffab」を使ってデータチェック

「DMM.make」で3Dプリント

 

第3章 [応用編]複雑なモデリング

[3-1]「ウサギ型スマホ・スタンド」の作成

「顔」の作成準備

「顔」の作成

「顔」の作成

「顔」の作成

「目」の作成

「耳」の作成

[3-2]「ウサギ型スマホ・スタンド」の作成

体のパーツの確認

体の作成

「手」の作成

「足」の作成

「手足」を対称に複製

「尻尾」の作成

各パーツの組み合わせ

ブラウザ内のパーツを整理する

ダミーの「スマートフォン」の作成

スマホ・スタンドの寸法を合わせる

[3-3]「3Dプリント」の準備

3Dプリント用データの出力

「KISSlicer」を使って「G-code」に変換

3Dプリントの開始

3Dプリントの完成

完成予想図のシミュレーション 〜レンダリング〜

レンダリングの応用

 

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
ご意見・ご質問

内容見本