TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2016年 > 12月 書名検索: 詳細検索...
「数式」や「用語」の意味を「源流」から完全理解!
わかる 構造力学
ハナダユキヒロ 著
2016年12月26日発売   A5判  192ページ 定価 \2,484(本体 \2,300)
   ISBN978-4-7775-1983-5 C3052 \2300E
 建築を学ぶ学生にとって、「構造力学」は超難関の科目です。
 その理由は、「数式」や「専門用語」の意味を知らないで学んでいるからです。

 「川の源流」を辿れば、「水が湧く元」を知ることができます。「構造力学」も「源流」を辿れば、「公式」の「本質が湧く泉」に出会えるでしょう。

 本書は下記の点に力を入れて解説しています。
 〔120万人の「分からない、理解できない」ことを重点的に。
◆ 崟賁舁儻譟廚筺嵜式」の「意味」。
 「公式」の「使い方」と、「公式」の「導き方」。
■ 主な内容 ■

第1章「構造力学」とは

[1-1]苦手な科目の学習法

【コラム】 「鉛直」と「水平」

[1-2]構造物の種類

【コラム】 「鋼構造」と「鉄骨造」の違い

[1-3]「建築材料」の種類

【コラム】 存在を消された科学者「ロバート・フック」

[1-4]構造部材の種類

【コラム】 「柱」と「ブレース」の違い

[1-5]SI単位系

【コラム】 よく使う「単位変換」は暗記しよう

 

第2章「モデル化」について

[2-1]「構造物」の「モデル化」

【コラム】 「固定」と「ピン」の中間?

 

第3章「静定 構造物」の解き方

[3-1]「静定 構造物」と「不静定 構造物」「不安定 構造物」

[3-2]単純梁の解法(反力の求め方)

[3-3]「断面力」について

[3-4]「トラス」の「構造」と「仕組み」

[3-5]「ラーメン」の「構造」と「仕組み」

[3-6]「アーチ」の「構造」と「仕組み」

【コラム】 「進撃の巨人」の巨人は、なぜ不気味なのか

 

第4章断面に関する性質

[4-1]断面一次モーメント

[4-2]断面二次モーメント

[4-3]断面係数

[4-4]断面二次半径

[4-5]「核点」と「核」とは

[4-6]「断面の性質」に関する公式

[4-7]「軸方向応力度」と「ひずみ」「剛性」「ポアソン比」

[4-8]「梁」の「曲げ応力度」

[4-9]「梁」の「剪断応力度」

[4-10]「断面図形」に関する基礎用語

 

第5章「梁」の「たわみ」について

[5-1]「曲率」を表わす式

[5-2]「曲げモーメント」と「曲率」の関係

[5-3]「微分方程式」による「解法」

[5-4]「片持ち梁」の「たわみ」

[5-5]「片持ち梁」「等分布荷重」の「たわみ」

[5-6]「単純支持梁」「等分布荷重」の「たわみ」

[5-7]弾性荷重法

[5-8]「たわみ」についての基礎用語

【コラム】 部屋にいると「ミシッ!」という音が…

 

第6章「座屈」について

[6-1]「オイラー座屈荷重」の誘導

[6-2]「オイラー座屈荷重」 〜「片持ち梁」〜

[6-3]「オイラー座屈荷重」 〜「片側固定」「片側ピン」〜

[6-4]「オイラー座屈荷重」 〜「両端固定」〜

[6-5]「座屈荷重」と「細長比」

[6-6]「座屈」の基礎用語

 

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
ご意見・ご質問

内容見本