TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2016年 > 11月 書名検索: 詳細検索...
「作画」「彩色」「合成」「ムービー出力」…アニメ制作の統合環境
OpenToonzではじめる アニメーション制作
泉津井 陽一 著
2016年11月12日発売   A5判  192ページ 定価 \2,484(本体 \2,300)
   ISBN978-4-7775-1979-8 C3004 \2300E
 「OpenToonz」は、アニメーション映像を作るためのソフトです。アニメーション制作に必要な機能を一通り備えた統合環境なので、「作画」から「彩色」「合成」「ムービー出力」までが可能です。
 そして「Open」の名の通り、「オープンソース・プロジェクト」として公開されているので、誰でも無料で使うことができます。

 「OpenToonz」はスタジオジブリで使われていた「Toonz GHIBLI Edition」をベースに、オープンソース化されたものです。

 本書では、「OpenToonz」を初めて使う方でも作品を完成できるように、まずは基本をマスターし、本書を読み終わったころに一通りの作業がこなせるように、各工程ごとに順を追って解説していきます。
■ 主な内容 ■

1章「OpenToonz」の概要

1-1「OpenToonz」とは

1-2「OpenToonz」でできること

 

2章「OpenToonz」のダウンロードとインストール

2-1「OpenToonz」のダウンロード

2-2「OpenToonz」のインストール要件

2-3「OpenToonz」のインストール

2-4 インストールの構成

2-5 インターフェイスの日本語化

 

3章 「OpenToonz」のデータベース

3-1 データベースの確認

3-2 新規プロジェクトの作成

3-3 プロジェクトの切り換え

 

4章 インターフェイス

4-1 ワークスペース -Room-

4-2 「Room」の編集

4-3 Room内のレイアウト変更

4-4 新規のウィンドウを追加する

4-5 メニューバーのカスタマイズ

4-6 各ウィンドウの説明

4-7 ツールパレット

4-8 キーボードショートカットの編集

 

5章 基本設定と実際の作業

5-1 作業フレームとカメラの設定

5-2 素材の読み込みと設定

5-3 タイムシートの操作

5-4 基本的な操作

5-5 カメラワークの設定と素材の動きの設定

5-6 エフェクト

5-7 エクスプレッション

 

6章 スキャンとペイント

6-1 「GTS」でのスキャン

6-2 クリンナップ(トレース)

6-3 ペイント

 

7章 「OpenToonz」での描画

7-1 描画の環境設定

 

8章 その他の機能

8-1 プラスティックツール

8-2 ボーンツール

8-3 フックツール

8-4 カメラによる「直接取り込み」と「アニメーション・チェッカー」

 

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
ご意見・ご質問

内容見本