TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2016年 > 9月 書名検索: 詳細検索...
高性能CPUを搭載した、「Arduino互換」マイコンボード
「GR-PEACH」ではじめる電子工作
GADGET RENESASプロジェクト 著
2016年 9月24日発売   B5判  176ページ 定価 \2,700(本体 \2,500)
   ISBN978-4-7775-1970-5 C3055 \2500E
 本書は、「GR-PEACH」を使った簡単な開発からはじめて、最終的にはカメラを使って画像認識をしながら走る、高機能な「マイコン・カー」を作ることを目標としています。

 「GR-PEACH」(ジーアール・ピーチ)は、「ルネサス・エレクトロニクス」社の高性能CPU「RZ/A1H」(ARM Cortex-A9コア採用)を搭載した、「mbedボード」です。
 「mbed」のボードでありながら「Arduino互換」の拡張コネクタをもっているので、「Arduino Uno」に対応した各種シールドを搭載できます。
 さらに、「GR-SAKURA」「GR-PEACH」のシールドも載せることができます。

 また、「USBコネクタ」「MicroSDスロット」「大容量ROM」がはじめから搭載されており、そのうえ「有線LANコネクタ」「無線LANコネクタ」「XBeeコネクタ」の追加搭載もできるので、ボード1つでほとんどのことができます。
■ 主な内容 ■

第1章 ハード編

[1-1] 「GR-PEACH」について

[1-2] 「GR-PEACH」の機能

[1-3] 「オプション・ボード」について

 

第2章 ソフト編

[2-1] 「mbed」について

[2-2] 「GR-PEACH」を動かしてみる

[2-3] 応用してみる

[2-4] 「センサ」をつないでみよう

 

第3章 実践編? 「マイコンカー」を走らせよう

[3-1] 「GR-PEACHマイコンカー」の概要

[3-2] 「割り込み」を使ったタイマ

[3-3] 「モータ」を回してみよう(MTU2を使ったリセット同期PWMモード)

[3-4] 「サーボモータ」を動かしてみよう(MTU2_0を使ったPWMモード1)

[3-5] カメラで撮影した画像を、PCで確認する

[3-6] カメラを使った「ライントレース制御」

[3-7] カメラを使った「マーク認識」

 

附 録

[附録A] 「Arduinoスケッチ」を作るためのツール

[附録B] クラウドへの接続

[附録C] その他の「GRリファレンス・ボード」

本書内容に関するご質問は、こちら
本書のサポートページはこちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
サポート
ご意見・ご質問

内容見本