TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2016年 > 9月 書名検索: 詳細検索...
「Spring Framework」で簡単に「Javaアプリ」開発
はじめての Spring Boot[改訂版]
槙 俊明 著
2016年 9月15日発売   B5判  192ページ 定価 \2,700(本体 \2,500)
   ISBN978-4-7775-1969-9 C3004 \2500E
 「Spring Framework」は、アプリケーションを簡単に作るためのJava向けフレームワークです。
 オープンソースであり、〇箸錣譴襯ラスやオブジェクトを外部から指定できる(DI)、他のオープンソースソフトと連携できる―ーなどの特徴から、多くのJavaアプリケーション開発現場で使われています。

 ただ、「Spring Framework」は、時代とともにサブプロジェクトがどんどん増えているため、どれを使えばいいのか分かりづらい、とも言われてきました。
 そこで、アプリ開発に必要なものだけを集めて1つにしたのが、「Spring Boot」(スプリング・ブート)です。

 「Spring Boot」は、これまでのJavaのWebアプリケーションのように、『ビルド→「war」としてパッケージング→常駐のアプリケーションサーバにデプロイ』というモデルではなく、『ビルド→即実行』というモデル。
 コードを少量書いてすぐに実行(起動)して確認できるため、いま注目を集めています。

 本書は、「Spring Framework」の簡単な説明から始め、「Spring Boot」に関する説明を少しずつ加えていきます。

※本書は、好評だった『はじめてのSpring Boot』を、バージョン1.4に合わせて全面刷新し、今注目度の高いPaaS「Cloud Foundry」の使い方も大幅に追加したものです。
■ 主な内容 ■

第1章 「Spring Boot」とは

[1.1] 「Spring Framework」の歴史

[1.2] 「Spring Boot」とは

[1.3] はじめての「Spring Boot」

 

第2章 速習「Spring Framework」

[2.1] 「Spring Framework」によるDI

[2.2] 「Spring JDBC」によるDBアクセス

[2.3] 「Spring Data JPA」によるDBアクセス

 

第3章 「Spring Boot」による「Webアプリ開発」

[3.1] この章で作るアプリ

[3.2] 「REST Webサービス」の開発

[3.3] 「Thymeleaf」を使った、「画面のあるWebアプリ」の開発

[3.4] 「Flyway」で「DBマイグレーション」

[3.5] 「Spring Security」で「認証」「認可」を追加

 

第4章 PaaS「Cloud Foundry」にデプロイ

[4.1] 「PaaS」 (Platform as a Service)の重要性

[4.2] 「Cloud Foundry」とは

[4.3] 「Pivotal Web Services」のアカウント作成

[4.4] 「Cloud Foundry CLI」のインストール

[4.5] 「Hello Worldアプリケーション」のデプロイ

[4.6] 「顧客管理システム」のデプロイ

[4.7] 「Spring Boot Actuator」で「アプリケーションの状態」を監視

 

第5章 「Spring Boot」におけるテスト

[5.1] 「Hello World」アプリの結合テスト

[5.2] 「REST API」の結合テスト

 

附  録 ソフトのインストール方法

[附録A]  「Java SE 8」のインストール

[附録B]  「Spring Tool Suite」のインストール

[附録C]  「Lombok」のインストール

[附録D]  「curl」のインストール

 

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
ご意見・ご質問

内容見本