TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2015年 > 3月 書名検索: 詳細検索...
高性能&多機能「ゲームエンジン」を使いこなす!
3Dゲーム制作のためのCryEngine
益田 貴光 著
2015年 3月25日発売   A5判  192ページ 定価 \2,484(本体 \2,300)
   ISBN978-4-7775-1887-6 C3004 \2300E
 「CryEngine」は、独Crytekが開発したゲームエンジン。
 誰でも気軽にオリジナルゲームを作ることができます。
 その「リアルすぎる」描画力のため、「ゲーム」だけではなく、「ムービー作成」や「建築CG」などにも使われています。

 本書は、「CryEngineを起動したのはいいけれど、どうしたらよいのか分からない」「ゲームエンジンには触ったことがない」といった、初心者を対象にしています。


≪CryEngineの特長≫
■Asset
 「CryEngine」には、さまざまな「Asset」(素材)が用意されています。
 プリセットには、オブジェクトの他、パーティクルなどの「エフェクト」や「サウンド」「マテリアル」「植物」「生物」など、かなりの数が用意されています。

■Designer
 オブジェクトを作るには、普通は「3D-CGツール」が必要ですが、「CryEngine」内の「Designer」だけでも、ある程度のものが作れます

■Flow Glaph
 「Flow Glaph」という「ノードエディタ」で、プログラミングなしで、視覚的にゲームが作れます。

■Snow or Wet
 「雪景色」や「雨」を表現するための機能が用意されています。
 これらは、マテリアルの変更だけで対応でき、効果音などの特殊効果も追従して切り替わります。
 「嵐」の表現や雪の中のスポーツなども、思いのままに表現できます。

■AI
 「CryEngine」には、AI(人工知能)も用意されており、簡単に扱えます。
 たとえば、作った枠内を障害物を独自に判断し、ランダムに攻撃させたりできるので、動きが自然な、臨場感のある、戦闘シーンが作れます。
■ 主な内容 ■

はじめに

 

序章 基礎知識

■ 「ゲーム・エンジン」とは

■ 「CryEngine」の形態

■ 「CryEngine」を入手する

■ 起動前に

■ ゲームタイプ

■ 「Editor」の概要

■ Asset

■ 用途

■ ノンプログラミング

 

第1章 「Sandbox」の使い方に慣れよう

[1-1] サンプルを触ってみよう

[1-2] カメラの動かし方

[1-3] 「編集モード」と「ゲーム・モード」

[1-4] AI「敵」を配置してみよう

 

第2章 作成の基礎

[2-1] 「新規Level」の作成

[2-2] 作成した地形の編集

[2-3] 植物「Vegetation」の配置

[2-4] Spawn Point

[2-5] Designer

[2-6] 天候効果の設定

[2-7] Layers

[2-8] Lighting

[2-9] Sounds

 

第3章 作成の応用

[3-1] プラグイン

[3-2] 「オブジェクト」を作る

[3-3] 新規マテリアル

[3-4] キャラクター

[3-5] 「TrackView」を使う

[3-6] 「デフォルト・モーション」の書き出し

[3-7] 「Wwise」を使ってSound作成

[3-8] 「Shader」について

[3-9] Animate Textures

[3-10] その他の機能

[3-11] ゲーム化する

 

索引

 

本書内容に関するご質問は、こちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
ご意見・ご質問

内容見本