TOP新刊既刊I/OサポートQ&AI/O WEB版通販お問い合わせ
 既刊 > 2014年 > 5月 書名検索: 詳細検索...
Java環境「JVM」上で動くLisp系プログラミング言語
はじめてのClojure
登尾 徳誠 著
2014年 5月30日発売   A5判  128ページ 定価 \2,090(本体 \1,900)
   ISBN978-4-7775-1835-7 C3004 \1900E
 「Clojure」(クロージャ)は、「Lisp系」のプログラミング言語です。
 発表されたのは2007年で、かなり後発の言語ですが、他の言語と比べて、以下のような特徴があります。
 峇愎型言語」なので、効率的に開発できる
▲泪ロが使える
Javaの環境「JVM」(Java virtual machine)上で動作する
に賃腓Javaのライブラリが利用可能
 特に△蓮◆崋分好みの関数を作れる」ことを意味しており、それが“もっとも表現力に富んだ汎用プログラム言語である”と言われる所以でもあります。
                *
 本書は、そんな「Clojure」言語を、基本文法から実際にソフトを作る方法まで、「基礎」と「実践」を交えて解説しています。
■ 主な内容 ■

第1章 「Clojure」についてと、その開発環境

[1.1] 「Clojure」とは
[1.2] マクロ
[1.3] Clojureを動かす環境「Light Table」
[1.4] Clojureのコードを入力してみる

第2章 Clojureの文法とデータ

[2.1] 関数の呼び出し
[2.2] 「def」と関数の定義
[2.3] 無名関数
[2.4]  letでの束縛
[2.5] データ型
[2.6] 条件分岐
[2.7] 繰り返し
[2.8] 分配束縛
[2.9]  FizzBuzz問題
[2.10] Javaを呼びだそう

第3章 Leiningen でプロジェクトを作る

[3.1] 「Leiningen」とは
[3.2] 実際にプロジェクトを作る
[3.3] 「Light Table」から「Leiningen」のプロジェクトに接続
[3.4] エントリーポイント
[3.5] 「スタンダード・アプリケーション」化

第4章 「Ref」を使ったプログラミング

[4.1] 「短縮 URLサービス」とは
[4.2] プロジェクトを作る
[4.3] 「STM」と「Ref」

第5章 「Ring」を使う

[5.1] 「Ring」とは
[5.2] ハンドラ
[5.3] Compojureで URLルーティング
[5.4] 開発を爆速に! Ringプラグイン
[5.5] Leiningenテンプレートも利用
[5.6] モデルの設計

第6章 データベースの利用

[6.1] 「MongoDB」とは
[6.2] データの操作
[6.3] ユーザー管理
[6.4] 「URL短縮サービス」を「MongoDB」に対応させる
[6.5] 「リレーショナル・データベース」との接続

第7章 テスト、テスト、テスト

[7.1] テスト駆動開発
[7.2] 「clojure.test」を使ったテスト
[7.3] Ringアプリケーションのテスト    

第8章 実際の運営について

[8.1] 「テンプレートエンジン」を組み込もう
[8.2] フレームワーク「Luminus」でベースを簡単に作る
[8.3] 「Heroku」でのサービス運用 

附録

[附録 A] Emacsでの開発環境構築   
[附録 B] Windowsでの利用方法 
[附録 C] Clojure学習の参考となるサイト

本書内容に関するご質問は、こちら
本書のサポートページはこちら
通信販売
在庫あり
サポート情報
サポート
ご意見・ご質問

内容見本